東京モーターショー2019を勝手に総括…入場者100万人への疑問と長すぎる待ち時間

 第46回東京モーターショー2019の12日間の会期が終わり、11月4日に閉幕した。今回のモーターショーは、「OPEN FUTURE」をテーマに業界を超えたオールインダストリーが参加し、「クルマ・バイクのワクワクドキドキ」から「未来の暮らし」「未来の街」にまで領域を広げたのが特徴であった。来場者数は、豊田章男・日本自動車工業会会長が開催前に掲げた100万人の目標を超え、前回からは倍増に近い130万900人となった。このようなうれしいニュースが届き落ち着いたところで、この第46回東京モーターショー2019を総括してみたい。

世界的に変化するモーターショーの意味

 東京モーターショー自体の地盤沈下をよく耳にする。今回も、海外メーカーはメルセデス・ベンツをはじめ3メーカー5ブランドに留まった。しかし、これは東京モーターショーだけでなく、先だって行われたフランクフルトオートショーでも同じこと。ここに日本メーカーは出展していないし、年始に開催されるデトロイトモーターショーは会期をずらし音楽イベントとのコラボレーションとなるなど、そもそも世界的に、モーターショーの姿が変わりつつあるのだ。

 そういった側面を踏まえてみれば、今回の東京モーターショーは、一歩先を行く試みを行ったといえる。有料の展示場のほかに入場無料のスペースを作ったり、開催日の前半に500機のドローンを使用したショーを開催したりするなど、これまでのクルマ中心のショーからエンターテイメント性を重視したショーへの転換が図られていたのだ。


あわせて読みたい

ビジネスジャーナルの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「オートサロン」のニュース

次に読みたい関連記事「オートサロン」のニュースをもっと見る

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年11月22日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。