ニトリ会長と孫正義氏の“マスク計200万枚買い占め”で、一般の人々に回る分が減る

 3月11日、J-CASTニュースは、ニトリホールディングスの似鳥昭雄会長が北海道に100万枚のマスクを寄贈するために調達中だと伝えている。ことの発端は、自民党の甘利明衆議院議員のツイッターアカウントで「ニトリホールディングスの似鳥昭雄さんからは故郷北海道に100万枚のマスク寄贈です」とツイートしたことだ。

 政府は3日、業者からマスクを買い上げ「北海道に1世帯40枚程度、計400万枚配布する」と発表し、メーカーや輸入業者に配布する指示を出している。当初は、実際に配布されたのは北見市などごく一部の地域で、1世帯7枚だったが、12日以降は順次計400万枚が配布されるということだ。

 さらに政府は11日、民間に約250万枚供給できると公表しているが、相変わらずマスク不足が続いている。毎日のように小売店に並んでも手に入らない状態だ。それなのに、ニトリの会長は100万枚も調達できるという。どうしてなのか。創業の地である北海道のために「少しでも医療関係者のお役に立つように」という動機だというが、政府ですら民間に供給できるのは250万枚しかない。

 誰もがマスクを欲しいが「感染者が一番多い北海道に優先的にマスクを配布するのは仕方がない」と納得する国民も多いだろう。しかし、医療従事者にマスクを提供するのは、何よりも優先されるべきである。政府は、医療従事者用のマスクも十分調達できたからこそ、民間に250万枚供給できると言っているはずだ。


あわせて読みたい

ビジネスジャーナルの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「三木谷浩史」のニュース

次に読みたい関連記事「三木谷浩史」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「柳井正」のニュース

次に読みたい関連記事「柳井正」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「カルロス・ゴーン」のニュース

次に読みたい関連記事「カルロス・ゴーン」のニュースをもっと見る

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月13日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。