スズキ・ジムニー、中古車市場で“異例”の大人気!女性が日常使い、ライバル不在の強み

 中古車情報メディア『カーセンサー』(企画・制作 株式会社リクルートマーケティングパートナーズ)が選ぶ「カーセンサー・カー・オブ・ザ・イヤー2019」にスズキ「ジムニー(現行型)」が輝いた。2位はV3を逃したマツダ「RX-8(初代)」、3位はBMW「3シリーズ(E90型)」だ。

 圧倒的なジムニー人気の理由や2020年の中古車市場のトレンドについて、リクルート自動車総研所長兼カーセンサー編集長の西村泰宏氏に話を聞いた。

女性人気も高まるジムニーの魅力

――ジムニーがイヤーカーとなりましたね。

西村泰宏氏(以下、西村) ジムニーが登場から1年半で首位に躍り出たことは、これまでの常識を覆すセンセーショナルな出来事でした。通常、中古車市場で人気が出るのは発売から数年後です。流通台数が約300~400台になると、価格が安定するからです。しかし、ジムニーの場合は新車の注文が殺到して納車に1年以上かかる事態となり、そのため待ちきれない消費者が中古車を求める動きが相次ぎました。

 販売会社の中には、カスタマイズを施すなどして価値を高め、新車時の価格より高く売るケースも少なくありません。まさに、異例の盛り上がりを見せるイヤーカーといえるでしょう。

――ここまでジムニー人気が沸騰している理由はなんでしょうか。

西村 ここ数年、現行型だけでなく以前のモデルにも問い合わせが増えるなど、ジムニー自体が再評価されています。これまでは「ジムニーが好きな人は車好き」という玄人好みの車でしたが、アウトドアやSUVがブームになる中、あえてオーバースペックな車で街中を走るというムーブメントが高まっています。


あわせて読みたい

ビジネスジャーナルの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「株式」のニュース

次に読みたい関連記事「株式」のニュースをもっと見る

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月17日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。