「安倍首相も見放した」…次期首相有力候補の岸田文雄は“パフォーマンスができない男”

 西日本を中心に甚大な被害をもたらしている豪雨災害。7月13日、安倍晋三首相は最も被害の大きかった熊本県を訪れ、入所者14人が亡くなった球磨村の特別養護老人ホーム「千寿園」や人吉市の避難所を視察して回った。

 被災地ではまだ大雨が続いていることから、このタイミングで大勢の随行者を引き連れて視察したことに賛否両論はあったが、実は首相より一足早く現地を訪れた自民党幹部がいた。岸田文雄政調会長だ。

 岸田氏はその前日の12日の日曜日に現地入り。福岡県内を回った。政府が進めている3カ年の国土強靭化対策が今年度末で終了するにあたり、来年度以降の新たな計画を予算編成の基本となる「骨太の方針」にいかに反映させるかなど、党の政務調査会での議論に役立てるための視察でもあったという。

 だが、自民党のベテラン秘書は岸田氏を「政治音痴」だと失笑する。

「なぜ12日に視察に行ったのか。翌13日は新聞休刊日。視察の様子は新聞に載りません。テレビはニュースがあるけれど、休刊日前日にメディアが通常より取材を減らすことは、数多くのメディア対応を経験してきた党三役や閣僚経験者なら常識でしょう。岸田さんはポスト安倍を睨んで政調会長として活躍する場面を世間にアピールしたいと思っているのでしょうが、せっかく視察しても大きな記事にはなりません。メディアの扱いに長けている安倍首相は、地方出張を入れやすい日曜日だったものの翌日が新聞休刊日だから避けて、13日の月曜日に熊本へ行った。12日の日曜日は昼過ぎまで自宅でのんびりしていましたよ」


当時の記事を読む

ビジネスジャーナルの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月17日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。