ドコモ、スマホゲーム“eスポーツリーグ”参入の衝撃…選手に年350万円保証

       

 2020年11月5日にNTTドコモはeスポーツ事業への参入を発表、2021年2月から新たにeスポーツリーグの運営を開始する計画を公にした。eスポーツはゲームを競技として扱うジャンルで、ここ数年で国内での動きが活発化している。

 プロとして活動する選手やチームもかなり出てきており、将来なりたい職業にeスポーツ選手がランクインするなど、若者を中心に確実に認知度を広げている。このeスポーツの世界にNTTドコモが参入するというのだ。

賞金総額3億円! 年間350万円以上の保証

 今回発表された内容は、モバイルゲームを使ったeスポーツリーグ運営。eスポーツとして扱われるゲームは家庭用ゲーム機用タイトルやPC向けタイトルなども含まれるが、NTTドコモだけあってモバイルタイトルに絞られている。具体的には、「PUBG MOBILE」(以下、PUBG)と「League of Legends:Wild Rift」(以下、ワイルドリフト)の2タイトルだ。

 PUBGは2017年にPC向けゲームとしてリリースされ、その後PS4やXboxでもプレイ可能となった。そして、2018年にモバイル版が登場し、一気にプレイヤーの拡大に成功したタイトル。ゲームの内容は、孤島で100名のプレイヤーがさまざまな武器と戦略で、最後の1人として生き残ることを目指すバトルロイヤルゲーム。

 バトルロイヤルゲームを根付かせたパイオニア的ゲームでもあり、全世界で月間1億人がプレイしているという。本作はチーム戦にも対応しており、NTTドコモが運営を行うリーグ「PUBG MOBILE JAPAN LEAGUE」(以下、PMJL)では、4人1チームで戦うSQUADに対応したものだ。


あわせて読みたい

ビジネスジャーナルの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月20日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。