コロナ禍の過酷な転職事情「業績悪化で解雇」「内定が取り消されたり、入社時期が見送られたりしている」

コロナ禍の過酷な転職事情「業績悪化で解雇」「内定が取り消されたり、入社時期が見送られたりしている」
拡大する(全2枚)


ワークポートは5月13日、「新型コロナウイルスによる転職活動への影響」についての調査結果を発表した。調査は4月に実施し、20~40代の転職希望者937人から回答を得た。


新型コロナウイルス不況がきっかけで転職活動をしたと回答した人は15.2%となった。理由を聞くと、



「新型コロナウイルスの影響で臨時休業となり雇用終了と宣言された」(30代・男性・コールセンター)
「会社の業績悪化に伴い解雇された」(40代・女性・事務)


と退職せざるを得ない状況に追い込まれた人がいた。


「選考の中止・延期」「選考スピードの遅延」などの影響


営業職の40代女性は「イベント業界で勤務しているが、現在仕事はほとんどキャンセルとなり不安を感じている」という。業界や企業の状況に不安を抱き、転職活動を始める人も見られた。


転職活動について、「新型コロナウイルスの影響を受けている」と回答した人は90.8%。具体的な影響としては「選考の中止・延期」「選考スピードの遅延」「面接のオンライン化」といった回答が目立った。中には、



「内定が取り消されたり、入社時期が見送られたりしている」(20代・女性・システムエンジニア)


と答える人もいた。


「新型コロナウイルスにより休業状態(給与なし)になり、早急に職を探している」


コロナウイルス感染拡大で転職活動への意欲が「高くなった」と回答した人は47.8%で、「低くなった」(52.1%)とほぼ半数で割れる結果となった。


この記事の画像

「コロナ禍の過酷な転職事情「業績悪化で解雇」「内定が取り消されたり、入社時期が見送られたりしている」」の画像1 「コロナ禍の過酷な転職事情「業績悪化で解雇」「内定が取り消されたり、入社時期が見送られたりしている」」の画像2
編集部おすすめ

当時の記事を読む

キャリコネの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク