【誰が好き?】Snow Man「僕の彼女になってよ。」Lip Sync Videoがやばい

なんて動画出してくれたんだ、Snow Manさん……ありがとう……!!

2021年12月1日に発売されるSnow Manの5thシングル「Secret Touch」のカップリング曲、「僕の彼女になってよ。」のLip Sync Videoが11月10日に公開されてから5日間で250万回以上再生されている。サムネイルからして色気が半端ない9人が並んでいて「なにこれなにこれやばい」と動揺した。

本記事では、この曲の魅力についてお伝えしたい。

【関連記事】【名曲しかない】Snow Man Jr.時代の曲の魅力、徹底紹介

【関連記事】Snow Man「Secret Touch」MVとLIVE映像評:どっちも切なくて儚い

「僕の彼女になってよ。」Lip Sync Video YouTube Ver.



ビジュ全員大優勝。雑誌の撮影などでたびたび見ていたけど、やっぱり柄シャツ似合うな……! ちょっと大人で治安が悪くて色気のある感じ、大好きだ。アンティークなホテル?(洋館?)っぽいところで気だるげにしている彼ら、かっこよすぎるだろう……

メンバー別・見どころ紹介

もうこれは、一人ずつじっくりポイントを語らせていただくしかあるまい。

深澤辰哉

「縁 -YUÁN-」のMVが人生で一番盛れてるとメンバーにも言われていた深澤くん。今回も相当かっこいいのでは……? 柄シャツとかチャラい感じ、誤解を恐れずに言えば「女子の扱いに手慣れた感じ」がすっごく似合う人だと思う。高校時代めちゃくちゃモテた深澤伝説は時折話題にあがるけど、こりゃ~モテるわと妙に納得してしまう。ここのどアップ・流し目・2連フープピアス・顎に手のカット、一時停止してずっと見ていたい。

ていうか、他のメンバーはソファとかイスとかカーペットに座ったり、立ってたりするのに、深澤くんだけ座ってるのがベッドなんですよ。深澤辰哉×ベッドはやばいだろ。

そしてなんといってもセリフですよ。「君の彼氏になりたい。」えっこれ深澤担大丈夫? 倒れる人出ない? 大丈夫? 深澤くん、声がいいんだよな……。

佐久間大介

いつも目力強めな佐久間くん、今回は前髪が目にかかって表情がよく見えない。でもそれがかえって色気をかもし出している。気になって表情を負いたくなるし、常に口角が上がっている、チャームポイントである口にも視線がいく。目黒くんに「恋愛赤ちゃん」と言われたりする佐久間くんだけど、パフォーマンスで出す色気、いっつもえげつない。ほんと佐久間大介のこの振り幅、たまらんな。

サビ前の「目を見てせーので言うよ」はじめの流し目もいいし、真っ直ぐな歌声がいい。2番の「勇気出して言うから聞いて」で電話してるところのささやき声も捨てがたい。

渡辺翔太

まずこの頬杖ついてこっちを見てる構図がかっこいいんだわ。2番の「目を見てせーので言うよ」が黙って見つめてるときも、歌い上げてるときも色気が半端ない。翔太くんは5歳児とか言われてるのにこういうところで年上組の色気を出してくるのまじ……。「口と口が」のところで手を唇に当てて離すのもやばい。個人的にパーマかける前の方がいいと思っていたけど、この曲にはすごく合ってるな。

【番外編】年長組(ふかさくなべ)

色気バッチバチのコンセプトだからか、年長組がすっごい気がする。特に、2番の深澤くんのセリフまでの佐久間→渡辺→深澤の3連コンボはアカン。

宮舘涼太

柄シャツだけでなく柄スカーフをオンという、常人には着こなせない衣装を割り当てられたのも、おしゃれな宮舘くんだからだろうか。サビ前のクセのあるラップっぽい歌い方で歌い、曲にスパイスを添えている。Secret Touch同様、切ない顔がいい。サビのムーディーな照明が当たっているところも色っぽくていい。

岩本照

Secret Touchでは切ない高音が印象的だった岩本くん、こちらでは地声に近そうな高さの声で淡々と歌い出す。1枚のCDでどちらも楽しめてうれしい。ソファーに座る横顔と流し目が美しい。「君はなぜか頷いた」のところの真剣な表情もかっこいい。
大サビのところの「その前に思い伝えるね」で笑顔で手をひらっと返すところがかわいい。

阿部亮平

ふだん言われがちな「あざとい」を封印して男っぽい雰囲気の阿部ちゃん(雄べちゃん?)、いい。このパートの最後こっち見るところはあざとい気もしなくもないけど、最後の「出ない」の「い」の切り方が男っぽくてかっこいい。でも柄シャツの柄がお花と苺? の柄なところがちょっとかわいい。

向井康二

口を開くとどうしてもお笑い方面に走りがちな康二くんだけど、キメているとかっこいい。センター分け似合うと思う。たまにドラマ「初めて恋をした日に読む話」の深田恭子さんのマネ(全く似ていない)をしているけど、こうしてみると横浜流星さんとお顔の系統が近い気すらしてくる。この眉間に手を当てるカットがかっこいい。あと、康二くんのいるお部屋? は何の場所なんだろう。

目黒蓮

物憂げな横顔が美しい。ちょっと固めてる感じの髪型、韓流スターっぽくて似合ってる。サビでムーディーな照明が当たるところの色気がすごい。クールな顔もかっこいいけど、笑った瞬間にグッときてしまう。「僕の彼女になってよ」の最後のとことで笑うの、確信犯である。

ラウール

今年2021年6月で18歳になったラウールくん。幼さの残るあどけない表情をしつつも、低めの声で「おいで」って言っちゃうこのギャップな……! ピュアでかわいいだけじゃないんだ。もともとダンスやモデルのときはいろんな表情を見せてくれる人だけど、これからどんどん扉を開いていくのかと思うと末恐ろしい。ラストのどアップもいいな。

「君の彼氏になりたい。」の続編

この曲、2ndシングル「KISSIN' MY LIPS / Stories」のカップリング曲「君の彼氏になりたい。」の続編だと言われている。その曲では家で親密な時間を過ごす女の子と彼氏彼女の関係になりたいけど、必ず帰ってしまう相手にそんなこと言えない、という男子が主人公だった。その続きとなるこの曲では、主人公が勇気を出して思いを伝える。

歌詞自体は続編なんだけど、このLip Sync Videoはどう見ても「むりむりむりやっぱむり」と言ってたような男子には見えないチャラチャラ感だけど、これはこれで最高なので制作陣に金一封送らせていただきたい気持ち。

歌詞にひそむKis-My-Ft2「CHUDOKU」

歌詞を見ていて「君の香水の匂い」「電気のリモコンを押す」のあたりで、ん? と思った方も多いのではないだろうか。これらのワード、先輩であるKis-My-Ft2「CHUDOKU」の歌詞を彷彿とさせる。「CHUDOKU」は、Snow Manが度々カバーし、ファンにも好評だった。ちなみに筆者はSnow Manのカバーで「CHUDOKU」や「A.D.D.I.C.T.」など、かっこいい曲があることを知った。

Kis-My-Ft2「CHUDOKU」、Snow Man「君の彼氏になりたい。」、そして今回の「僕の彼女になってよ。」の作詞はすべてWHITE JAMのSHIROSEさんによるもの。ご本人のブログによると、SHIROSEさんもSnow Manが「CHUDOKU」をカバーしたことでSnow Manの存在を知り、今では推し(担当)がいるらしい。SHIROSEさん、なんとこのLip Sync VideoのYouTubeにもコメントしてくださっている!

歌詞の詳細についてはお楽しみということで触れていないが、もしかしたらそういった関係から「CHUDOKU」の歌詞を入れこんでいるのかなと思った。ちなみに「CHUDOKU」の歌詞「そっと電気を消す」では電気の紐を下に引っ張る振り付けがあるが、「僕の彼女になってよ。」では電気はリモコン式になっている。ちょっと時代進んだ? と思うけど、リリースタイミングは2年しか差がないのだった。

Kis-My-Ft2の「CHUDOKU」ライブパフォーマンスはこちらで観られるので、未見の方はぜひ。

フルバージョン&メンバーソロバージョンは「Secret Touch」初回限定盤Aに収録!

「僕の彼女になってよ。」このクオリティーと話題性でカップリング曲だというのがびっくりである。でも思い返してみれば、「Crazy F-R-E-S-H Beat」も「君の彼氏になりたい。」もカップリングなのだった。Snow Manの歴代カップリング曲、どの曲も素晴らしすぎる。

2021年発売の5thシングル「Secret Touch」の初回限定盤AのDVDには、このLip Sync Videoのフルバージョンと、各メンバーのSolo Lip Sync Ver.が収録されるというからもう大変である。まずはこのYouTube Ver.を鬼リピしながら衝撃に備えたい。

(文:ぐみ)

ーーーーー
cinemas PLUS コミュニティを作りました!

・お気に入りの著者をフォロー&記事のブックマーク
・ムビチケや独占試写会プレゼントのご案内
・週2回メルマガ配信

今後もコミュニティ会員限定のプレゼントやイベントを企画予定!

コミュニティ登録はこちらから↓
https://cinema.ne.jp/auth/register
編集部おすすめ

当時の記事を読む

cinemasPLUSの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

映画ニュースランキング

映画ランキングをもっと見る
お買いものリンク