俳優の坂口健太郎が、大河ドラマ『鎌倉殿の13人』(NHK総合ほか)に出演することが発表された。北条義時(小栗旬)の最愛の息子で、鎌倉幕府・第三代執権となる北条泰時を演じる。坂口は大河ドラマは初出演、主演の小栗旬とは初共演となる。

【写真】大河ドラマ『鎌倉殿の13人』にて北条泰時を演じる坂口健太郎

 本作は、平安時代末期、伊豆弱小豪族の次男坊の出身でありながら、源頼朝(大泉洋)と北条政子(小池栄子)の結婚をきっかけに運命の歯車が回り始めた北条義時の半生を描く。脚本は三谷幸喜

 義時の長男・泰時を演じる坂口は、「北条泰時、義時の息子として、いろんなものを、もちろん現場でもそうだし、歴史の中の泰時という人物をすごく丁寧に自分のなかで温めながら、皆さんに楽しく見てもらえるような泰時として演じたいと思っています。大河ドラマは僕の中ですごく大きな核があるドラマだと思っていますので、『鎌倉殿の13人』の登場人物のひとりとして、丁寧に丁寧に演じていきたいと思います。よろしくお願いいたします」と意気込みを語る。

 本作の印象については、「今までの大河ドラマをすべて確認できているわけではないんですけど、ちょっと不思議な、というか新しい大河ドラマだなという感覚はすごくありました。大河ドラマというものは、そのとき生きた人々を頭の中で想像してお芝居するなかで、言葉遣いだったり、所作だったりとか、そこに生きているようにお芝居するんだろうなと思っていたんですけど、登場人物がみんな、癖があるというよりはいろんな個性を持っている方がすごくたくさんいて」と告白。

 続けて「だから僕も今回、義時の息子としてどうやってこの泰時のキャラクター性というか、役の個性というか、深みをどうやって上げていこうかというのは今、頭の中にボーッとある感じではあります」と役作りについてコメントした。

 また、親子役での小栗との初共演について、「先輩としていろいろなところをまねしたりとか、盗むっていう言い方が合っているかわからないんですけど、今回僕は小栗さんとご一緒すること自体初めてなので、役柄の中で息子としてもいろいろなものをちょっとまねてみたり、盗んでみたり。本当の父と子じゃないですか。だからそれを現場でも感じながらお芝居できるといいなと思いますね」と語っている。

 大河ドラマ『鎌倉殿の13人』は、NHK総合ほかにて放送中。