俳優の竹内涼真が主演し、7月スタートするドラマ『六本木クラス』(テレビ朝日系/毎週木曜21時)の追加キャストとして、早乙女太一と鈴鹿央士の出演が発表された。絶対的権力者を父に持つ異母兄弟を演じる。

【写真】平手友梨奈、『六本木クラス』出演 IQ162の人気インフルエンサー役で新境地

 本作は、絶望の淵に立たされた青年が報復を誓い、金と権力を振りかざす巨大企業に屈することなく仲間と共に立ち向かっていく姿を、下剋上を主軸に、ラブストーリーそして青春群像劇を交錯しながら描いた韓国ドラマ『梨泰院クラス』のリメーク。主役の宮部新を竹内、ダブルヒロインで楠木優香役を新木優子、麻宮葵役を平手友梨奈が演じる。

 早乙女太一と鈴鹿央士が演じるのは、新の宿敵となる長屋ホールディングス会長の息子たち。2人は異母兄弟で、その生い立ちの背景も性格も全く違うが、異なる立場からやがて新の運命を翻弄していくことに…。

 早乙女が演じるのは、宮部新と楠木優香の同級生で長屋ホールディングス会長・長屋茂の長男・長屋龍河。茂の後継者として育てられ、父の権威を振りかざして傍若無人に振る舞い、そして後に新をどん底におとしいれるきっかけを作った人物だ。

 龍河は、『梨泰院クラス』ではチャン・グンウォンの徹底した悪役ぶりが話題となった役で、早乙女は大衆演劇で培った立ち回りや演技力を存分に生かしながら、新たな一面を披露することになる。

 早乙女は龍河について「考えられない程心底どうしようもない奴(笑)」と語り、それだけに「これまでやらせていただいた役の中でも、このキャラクターは一番共感することが難しくとても悩みましたが、チャレンジしてみたいと思いました」と明かした。さらに「心の奥底で感じる感情はどんな人間も同じだと思っているので、何が彼をそうさせてしまったのかをしっかりと向き合いたいと思います。初めて挑むキャラクター性、役どころなので、精一杯努めたいと思います」と意気込みを語った。

 一方、鈴鹿が演じるのは、長屋茂の次男で、愛人との間に生まれた子どもの長屋龍二。それまで家に居場所がなかった龍二だが、新と出会い、新が長屋に報復を誓っているとは知らず「二代目みやべ」で働くことに。また、葵の同級生でひそかに思いを寄せる役どころだ。

 鈴鹿は「個人的に『梨泰院クラス』を何度か見ていて、日本で作るとどんな作品になるのか楽しみでした。複雑な立ち位置ではありますが、楽しみながら演じることができればいいなと思います」とコメント。『ドラゴン桜』以来約1年ぶりとなる平手との共演については、「前回と役柄も違い、楽しみで嬉しいですと会話をしました」と再会の様子を明かし、「現場でお会いした時はキラキラした印象に尊敬や憧れのようなものを感じて、改めてスターだなと…」とその際の印象を語った。

 最後に鈴鹿は「とても好きな作品なので、日本版では店や風景がどんな風になるのか、一視聴者としても楽しみつつ、作品の中でしっかりと流れを掴んで演じていけるよう頑張ります。皆さま、楽しみにしていてください」と意気込みと共にメッセージを寄せた。

 木曜ドラマ『六本木クラス』は、テレビ朝日系にて7月より毎週木曜21時放送。

 コメント全文は以下の通り。

<コメント>

■早乙女太一(長屋龍河役)

 僕がやらせてもらう長屋龍河は、考えられないほど心底どうしようもない奴です(笑)。今までやらせて頂いた役の中でも、このキャラクターは1番共感することが難しくとても悩みましたが、チャレンジしてみたいと思いました。

 心の奥底で感じる感情はどんな人間も同じだと思っているので、何が彼をそうさせてしまったのかをしっかりと向き合いたいと思います。初めて挑むキャラクター性、役所なので、精一杯努めさせていただきます。

■鈴鹿央士(長屋龍二役)

 今作のお話を聞いた時は、かなり興奮しました。個人的に『梨泰院クラス』を何度か見ていて、日本で作るとどのような作品になるのか楽しみでした。

 僕が演じる長屋龍二は、平手友梨奈さん演じる葵に密かに想いを寄せている役で、平手さんとは1年ぶりの共演となりますが、初日に現場でお会いした時はそのキラキラした印象に尊敬や憧れのようなものを感じて、改めてスターだなと思いました。これから葵の人間性に惹かれて振り回されながら、真っ直ぐな気持ちを持って向き合っていきたいと思います。

 また、僕の役は複雑な立ち位置ではありますが、楽しみながら演じることができればいいなと思います。とても好きな作品なので、日本版では店や風景がどんな風になるのか、一視聴者としても楽しみつつ、作品の中でしっかりと流れを掴んで演じていけるよう頑張ります。皆さま、楽しみにしていてください。