ローランド・エメリッヒ、本領発揮! 月が地球に迫りくる――『ムーンフォール』スリルと迫力に満ちた特報初解禁
拡大する(全1枚)
映画『ムーンフォール』キーアート

 7月29日よりPrime Videoで独占配信されるローランド・エメリッヒ監督最新作『ムーンフォール』より、月が地球に段々と接近する中、数々の危機的状況が起こっていく様子を切り取った迫力の特報映像が解禁された。

【動画】月が地球にどんどん接近! 『ムーンフォール』特報映像

 本作は、『インデペンデンス・デイ』『デイ・アフター・トゥモロー』など数々のディザスター・ムービーを手掛け“破壊王”と称されるローランド・エメリッヒ監督が、製作と脚本も務めてメガホンをとった最新作。月が地球に衝突するという未曾有の危機が、国家機密や歴史に隠された秘密を織り込みながらサスペンスフルに展開する中、家族への愛や仲間との絆が感動的に描かれるスペクタクル巨編となっている。アメリカ航空宇宙局(NASA)が企画段階から参加し、脚本はNASAジェット推進研究所スタッフと議論を重ねて書き上げられた。

 物語は2021年のNASA宇宙センターから始まる。謎の力で軌道から弾かれた月が、数週間で地球に激突するということが判明。NASAは現地調査を試みようとするが、実はそのNASAがとある情報を隠微していることが発覚する。この謎に立ち向かう危険な任務に、NASA副長官のジョー(ハル・ベリー)、超一流の宇宙飛行士だったが、ある事故の責任から今はNASAを離れたブライアン(パトリック・ウィルソン)、自称“天文学博士”で陰謀論者のK.C.ハウスマン(ジョン・ブラッドリー)がタッグを組み挑む。月を止める最終手段の核爆弾が用意され、人々がパニックに襲われる中、彼らは人類を救うため、そして月に隠された秘密を解くため奔走していく。

 キャストには、豪華俳優陣が集結。NASA幹部で元宇宙飛行士のジョシンダ・“ジョー”・ファウラー役には2001年に『チョコレート』でアカデミー賞主演女優賞を獲得したハル・ベリー、彼女の過去の友人のブライアン・ハーパーには『ミッドウェイ』『アクアマン』のパトリック・ウィルソン、そして憎めない陰謀論者のKC・ハウスマンには『ゲーム・オブ・スローンズ』のサムウェル・ターリー役でお馴染みのジョン・ブラッドリー。また、過去の事件のことを知る男ホールデンフィールド役はアカデミー名誉賞を受賞し、キーファー・サザーランド(『24 ーTWENTY FOURー』)の父でもあるドナルド・サザーランドが演じる。

 特報映像は、月が地球に段々と接近してくる中、その影響で停電や大水害、火の玉が降り注ぎ大地に亀裂が走るなど地球崩壊の前触れとなる現象が起こるほか、宇宙船で予想外の非常事態が発生する場面、メインキャラクターの印象的なシーンなどがスリリングな音響と共に迫力たっぷりに映し出されていく。エメリッヒ監督のディザスター大作ならではの非常に凝った映像と音の洪水に胸躍る、圧巻の特報映像となっている。

 映画『ムーンフォール』は、7月29日よりPrime Videoにて独占配信。