シソンヌ・じろうが、3月27日より4夜連続で放送されるドラマ『心霊内科医 稲生知性』(フジテレビ系)に初主演。事件の謎を解決する“心霊”内科医を演じる。



シソンヌ・じろう主演『心霊内科医 稲生知性』のロゴビジュアル

 本作は、怨霊が見える“心霊内科医”の活躍を描いた心霊ミステリードラマ。クールだがどこか抜けている“心霊内科医”を演じるのは、コント師として高い評価を得ており、ドラマ・映画でも数多くの作品に出演してきたシソンヌのじろう。じろうは、今作でドラマ初主演を果たす。

 都内にある古いビルの中に、「稲生心療内科」という古びた看板が掲げられた診療所がある。診療所の主の名は稲生知性(いなお・ちせい)。医師免許を持った立派な心療内科医だが、稲生のもとには、原因不明な身体の不調に悩む患者が訪れる。


 患者を連れてくるのは、稲生の医学部時代の同期で精神科医の中岡俊子。中岡は、自らが経営する心療内科クリニックを訪れる患者の中で自分の手には負えない、悪霊に取り憑かれている患者を稲生のもとへ案内するのだ。

 稲生は、「患者に取り憑(つ)いた怨霊が見え、会話ができる」という能力を持つ。彼の診察方法は、人間と怨霊、両方に対する徹底的な問診だ。なぜ取り憑いたのか? または、なぜ取り憑かれたのか? 原因は人間、または怨霊どちらかにある。しかし問題なのは、人間も怨霊も本当のことを言っているとは限らないことだ。
嘘をついているのは人間か? それとも怨霊か? 稲生と患者、そして怨霊の心理戦が始まる…。

 稲生の助手役には、18世中村勘三郎から「3人目のせがれ」と言われた注目の歌舞伎俳優中村鶴松。さらに『真犯人フラグ』で猫おばさんを怪演した女優・平田敦子や、昨年10月にワールドツアーを終えたNODA・MAP第25回公演「『Q』:A Night At The Kabuki」で妖艶な存在感を見せた伊勢佳世も出演する。

 そして、主題歌はサカナクションの「フレンドリー」に決定。幻想的な雰囲気を携えた楽曲が作品を彩る。

 ドラマ『心霊内科医 稲生知性』は、フジテレビ系(関東ローカル)にて3月27日25時25分より第一夜、3月28日25時25分より第二夜、3月29日24時55分より第三夜、3月30日25時55分より第四夜放送。


 ※じろうのコメント全文は以下の通り。

<コメント全文>

■じろう(シソンヌ)

ハナコの岡部がしろめし修行僧の主演をしていなければ、僕もおとなしくしていたかもしれません。岡部のおかげです。
※『しろめし修行僧』(2022年4月期/テレビ東京系)