今年2月に、難病に指定されている前頭側頭型認知症と診断されたことを発表したブルース・ウィリスさん。14回目の結婚記念日に、妻のエマ・ヘミングがインスタグラムを更新し、辛い胸の内を告白。

また、結婚10周年の時に新たに挙げたという結婚式の動画も公開した。

【動画】エマの姿も デミ・ムーア、ブルース・ウィルスさんを祝う誕生日の動画をシェア

 現地時間3月22日、エマがインスタグラムを更新し、花束の写真を公開。「今日は私の生涯の恋人との14回目の結婚記念日です。胸がいっぱいで目覚めましたが、それは他の人から受けた親切な行為のおかげです」と記し、結婚記念日のお祝いに友人がこの花束を届けてくれたことを紹介。

 そして、「記念日は、介護者にとって辛いものです。通常、パートナーはこうしたイベントを認識しますが、脳が変性した今、それができません」と辛い心情を吐露。
「もし、介護している人をご存じなら、何かできることはないかと聞かずに、何かしてあげてください。今回のような人からの心優しい行為は、長くわたしを励ましてくれます。ジュリヤありがとう。あなたのおかげで、一気にスペシャルな一日になりました」と綴った。

 そして次の投稿では、2019年に、結婚10周年の記念で再び挙式した時のモンタージュ動画を公開。ブルースさんの元妻デミ・ムーアが撮影したもので、彼女とブルースさんの娘ルーマーとスコットがウェディングシンガーを務め、ブルースさんの長年の友人ステファン・J・イーズが2人の結婚を宣言。
エマとブルースの幼い娘、メイベルとイブリンがフラワーガールに扮して両親の結婚式を祝福する、心温まる動画となっている。

 この動画に、エマは「結婚10周年を記念して、2009年に結婚式を挙げた同じ場所で誓いを新たにしました。そうしておいて良かったです」とコメント。「あらゆる機会で、家族や友人と集い、共に祝いました。生涯にわたって大事にしたい瞬間です。もう思い出せないであろう人のためにも、この思い出を大事にしていきます」と記した。


 ブルースさんは昨年3月に失語症のため引退を表明していたが、今年2月、難病に指定されている前頭側頭型認知症と診断されたことを家族が明らかにした。日本神経学会によると、前頭側頭型認知症は、おもに初老期に発症し、前頭葉と側頭葉を中心とする神経細胞の変性・脱落により、行動異常や精神症状、言語障害などを引き起こすものだという。

引用:「エマ・ヘミング」インスタグラム(@emmahemingwillis)