7月28~30日の全国映画動員ランキングが興行通信社より発表され、原泰久の大人気コミックの実写映画化第3弾となる『キングダム 運命の炎』が、初週金土日動員70万3500人、興収10億5100万円をあげ初登場1位に輝いた。1作目『キングダム』(2019年公開、最終興収57.3億円)との興収対比152%、2作目『キングダム2 遥かなる大地へ』(2022年公開、最終興収51.6億円)との興収対比103%と、こちらも興収50億円超が期待できる好スタートとなった。



【写真で見る】「7月28~30日の全国映画動員ランキング」

 2位は先週首位発進だった『ミッション:インポッシブル/デッドレコニング PART ONE』が、週末金土日動員38万6700人、興収5億9500万円と高稼働を見せたもののワンランクダウン。累計では動員150万人、興収22億7700万円を突破している。

 3位は宮崎駿監督最新作『君たちはどう生きるか』が、週末金土日動員36万6700人、興収5億6300万円を記録しランクイン。累計では動員305万人、興収46億9300万円となった。

 4位には『映画 仮面ライダーギーツ 4人のエースと黒狐/映画 王様戦隊キングオージャー アドベンチャー・ヘブン』が、初週金土日動員15万4800人、興収2億800万円をあげ初登場。

 5位には公開14週目を迎えた『ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー』が、6位には公開5週目の『東京リベンジャーズ2 血のハロウィン編 ‐決戦‐』が、7位には公開5週目の『インディ・ジョーンズと運命のダイヤル』それぞれランクインした。


※宮崎駿監督の「崎」は「たつさき」が正式表記。

 7月28~30日の全国映画動員ランキングは、以下の通り。

第1位:『キングダム 運命の炎』
第2位:『ミッション:インポッシブル/デッドレコニング PART ONE』
第3位:『君たちはどう生きるか』
第4位:『映画 仮面ライダーギーツ 4人のエースと黒狐/映画 王様戦隊キングオージャー アドベンチャー・ヘブン』
第5位:『ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー』
第6位:『東京リベンジャーズ2 血のハロウィン編 ‐決戦‐』
第7位:『インディ・ジョーンズと運命のダイヤル』
第8位:『劇場版アイドリッシュセブン LIVE 4bit BEYOND THE PERiOD』
第9位:『リトル・マーメイド
第10位:『交換ウソ日記』