70年代ドイツに実在、次々と娼婦を手にかけた殺人鬼フリッツ・ホンカとは?

70年代ドイツに実在、次々と娼婦を手にかけた殺人鬼フリッツ・ホンカとは?
映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』(左から)ヨナス・ダスラー扮するフリッツとフリッツ・ホンカ本人ビジュアル(C)2019 bombero international GmbH&Co. KG/Pathe Films S.A.S./Warner Bros.Entertainment GmbH
 映画『女は二度決断する』のファティ・アキン監督最新作『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』は、1970年代ドイツに実在した連続殺人鬼を描く。本作より、殺人鬼フリッツ・ホンカ本人の写真とヨナス・ダスラーふんするフリッツの特写が解禁された。次々と娼婦を手にかけたフリッツ・ホンカとはいったい何者なのか。

【写真】入口に「ホンカの部屋」の看板 現在も営業中のバー“ゴールデン・グローブ”(本物)

 敗戦がまだ尾を引いていた1970年代ドイツ・ハンブルク。安アパートの屋根裏部屋に住むフリッツ・ホンカは、夜な夜な寂しい男と女が集るバー“ゴールデン・グローブ”で酒をあおっていた。彼がカウンターに座る女に声を掛けても、いつも顔をしかめられるだけ。一見、無害そうに見えるフリッツの狂気に気づく常連客は誰ひとりいなかった…。

 公開された殺人鬼フリッツ・ホンカ本人とヨナス・ダスラーふんするフリッツが並んだ特写では、曲がった鼻、特徴的な斜視、髪の生え際まで、生々しすぎるほどの再現率となっている。

 70年代ドイツを震え上がらせたフリッツ・ホンカは、1935年、同国ライプツィヒで10人兄弟の3人目として生まれた。母は掃除婦で、父は強制収容所に入れられていたこともある共産党員。父はアルコール依存症で、たびたびフリッツに暴力をふるった。母に育児放棄されたフリッツは児童養護施設で育った。

 56年にハンブルクで港湾労働者として働き始めるが、交通事故に遭って鼻を砕き、後遺症が残った。57年に結婚し子を儲けるが、60年に離婚。再婚するも、67年に再度離婚。72年に娼婦を性的暴行しようとして通報される。この頃にはアルコール中毒は深刻なものとなっていた。

あわせて読みたい

クランクイン!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

映画ニュースアクセスランキング

映画ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月25日の映画記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内映画、海外映画、ハリウッド俳優や女優情報をお届け中。撮影秘話や裏話などのニュースも充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。