『フレンズ』マシュー・ペリー、22歳年下婚約者と破局
拡大する(全1枚)

 人気TVドラマシリーズ『フレンズ』のチャンドラー役で知られるマシュー・ペリーが、昨年11月に婚約を発表した22歳年下の一般女性、モリー・ハーウィッツさんと破局を発表した。米メディアPeopleが報じている。

【写真】マシュー・ペリーが婚約中にインスタで公開したお相手モリーさん

 マシューはPeopleに対し「時に、物事はただ単に上手くいかないことがある。今回のことはその一つです」とコメントを発表。「モリーの幸運を祈ります」と元婚約者へメッセージを送った。

 二人は、2018年から交際し、2020年11月に婚約を発表。当時マシューは、同メディアに対し、「婚約することを決意したよ」と話し、「ラッキーなことに、図らずも今地球上で最も素晴らしい女性とデートしているんだ」と明かしていた。

 マシューは、自身の代表作『フレンズ』のファンが心待ちにしていた再会スペシャル『フレンズ:ザ・リユニオン』が配信されたばかり。同作には、マシューのほか、ジェニファー・アニストンコートニー・コックス、リサ・クドロー、デヴィッド・シュワイマー、マット・ルブランクらオリジナルキャストが再び集結。オリジナル版が収録された、米カリフォルニア州バーバンクにあるワーナーブラザースのスタジオ「Stage 24」で撮影が行われた。レディー・ガガやデヴィッド・ベッカムなど、豪華ゲストも話題になっている。