「こういうふうに見えてるんだ…」渡辺直美のモノマネで、倖田來未が自我を悟る

「こういうふうに見えてるんだ…」渡辺直美のモノマネで、倖田來未が自我を悟る
拡大する(全1枚)

 倖田來未と小沢健二。かたや、「エロかっこいい」ギャルのカリスマ。もう一方は、渋谷系のプリンス。最も距離の離れた世界にいる2人という気がするが、その倖田來未が小沢健二の名曲「ラブリー」をカバーしたという。どんなことになるのか、気になることは確かだが、そのギャップ感も狙いなんだろう。「実は結構オザケン好きで……」みたいな話だったりするのだろうか。

 その倖田來未が、2月24日放送の『新堂本兄弟』(フジテレビ系)にゲスト出演し、「ラブリー」を歌った。出演者たちに「イメージからだいぶ遠い……」とかいじられて、「好きなもんは好きやんか!」と返してくれるのかと思ったのだが……。

「原曲を、あんまり……」

 知らなかった。

 今回の「ラブリー」を含め、カバー曲だけを収録したアルバムをリリースするという倖田。その選曲法が独特だった。スタジオにカラオケの機材を持ち込み、スタッフが選んだ候補曲を延々と歌っていく。それで、本人が「いい感じ」だと思った曲や、スタッフが投票した曲が選ばれていくのだとか。クオリティの高い楽曲を提供してくれることを考えれば正しい判断なのかもしれないが、カバー曲って、「ずっと歌いたかった」とか、「青春時代に励まされた」といった動機で歌われるものばかりじゃないんだ、と知る。

 この日、倖田は2年半ぶりの出演ということだが、その間に結婚したということで、結婚エピソードが今回のメインの話題になった。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

渡辺直美のプロフィールを見る
サイゾーウーマンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「渡辺直美」に関する記事

「渡辺直美」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「渡辺直美」の記事

次に読みたい「渡辺直美」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク