AR活用で“体験する新聞”の可能性に挑戦!日本経済新聞社が新聞×ARの表現アイデアコンテストを開催した理由

日本経済新聞社では、2018年12月にデジタル技術を活用して新聞広告に新しい価値を付加する試み「新聞広告 IoT宣言」を発表。その取り組みのひとつとして、「日経ARアプリをリリースしました。インストールしたスマートフォンを紙面にかざすと、映像、音楽などリッチなコンテンツ体験ができる、新聞広告の新しいソリューションを展開しています。
2019年秋には新聞×ARの可能性をさらに広げようと、AR表現のアイデアを募るコンテスト「第一回日経ARアワード」を開催。200件を超える応募の中からこのほど受賞作品が決定し、2020年1月29日には表彰式も行われました。
企業の広告宣伝費がインターネット広告へと流れるなか、ARを用いた広告で新聞の新たな価値創造を目指す日本経済新聞社の取り組みについて、プロジェクトを牽引する同社クロスメディアユニット シニアプロデューサーの浦野 創氏、メディアビジネス クロスメディアユニット 広告IoT化推進室 室長の村山 亘氏にお話を伺いました。

※本記事は、『drop:フィジタルマーケティング マガジン』で、2020年2月14日に公開された記事を転載したものです。▼今回お話を伺った方
AR活用で“体験する新聞”の可能性に挑戦!日本経済新聞社が新聞×ARの表現アイデアコンテストを開催した理由

日本経済新聞社 クロスメディアユニット シニアプロデューサー 浦野 創氏(右)、同メディアビジネス クロスメディアユニット 広告IoT化推進室 室長 兼 日経イノベーション・ラボ 村山 亘氏(左)


あわせて読みたい

Digital Shift Timesの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「VR」のニュース

次に読みたい関連記事「VR」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「MR」のニュース

次に読みたい関連記事「MR」のニュースをもっと見る

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月12日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。