日本から軽ボンネットバンが消えた…スズキ アルトバンが生産終了

日本から軽ボンネットバンが消えた…スズキ アルトバンが生産終了
拡大する(全1枚)
軽乗用車「アルト」の商用登録仕様「アルトバン」が2021年7月末にラインアップから消えた。ライバルだったダイハツ ミラバンとスバルにOEM供給していたプレオバンは2018年1月に生産終了となっているため、いわゆる“軽ボンネットバン”の唯一の生き残りがアルトバンだった。アルトバンの生産終了によって、軽ボンネットバン、またそれ以前から存在していた低全高系の軽バンの歴史が終焉を迎えたことになる。

1979年5月に誕生したアルトは、軽ボンネットバンのジャンルを創出したクルマとして知られている。1970年代半ばになると、軽自動車と小型車の価格差が縮まり、軽乗用車は価格面での魅力を失いかけていた。また、多くの家庭でクルマを保有していて女性のドライバーも急増。主婦のセカンドカーとして45万~50万円の価格帯の中古車に注目が集まるようになっていた。

【画像】初代47万円の衝撃!歴代アルトを写真で見る

そこで、スズキでは女性と価格にフォーカスした新型軽自動車を開発することに。「物品のかからない商用車規格でありながら乗用車的なスタイルを持つクルマ」ということで、当時の鈴木 修社長の指示によって45万円以下の低価格を目標に開発が進められたという。

こうして1979年5月に発表された軽商用車「アルト」は、目標価格には達しなかったものの業界初となる全国統一価格47万円の衝撃的なプライスで話題をまいた。発売されるや爆発的に売れ、各社から同様のコンセプトを持つモデルが次々と登場し、軽ボンネットバンのジャンルが出現した。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

ドライバーWebの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「スズキ」に関する記事

「スズキ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「スズキ」の記事

次に読みたい「スズキ」の記事をもっと見る

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク