bit

動きも音も本物そっくり、懐かしの国電運転台が1/3模型で登場

動きも音も本物そっくり、懐かしの国電運転台が1/3模型で登場
音とギミックにこだわったリアルな運転台模型。マスコンは本物と同様、取り外しができる。
50がらみの中年男があこがれだった電車の運転士になってしまうという中井貴一主演の映画『RAILWAYS』が好評だが、男子に生まれたからには、長い編成を連ねた電車の先頭に座って思いのままに動かしてみたいという夢に一度はあこがれるもの。もちろん、映画のような夢の展開がそうそう実際あるわけではないが、そこに少しでも近づけそうなアイテムが登場した。

その名は「鉄コレ式制御器」。“国電”という呼び方がもっとも似合う、かつて中央線や総武線などで活躍した国鉄101系の運転台を3分の1スケールで忠実に再現した代物だ。鉄道模型を動かすパワーパックやテレビゲーム「電車でGO」の専用コントローラーにも、実物の運転台を模したものはあるが、ここまで忠実に再現した市販品はおそらくこれが初めてだろう。

発売したのは、鉄道情景をモデル化した「ジオコレシリーズ」やフィギュア「鉄道むすめ」などを手がけるトミーテック。ここのコーナーでは以前、列車の行き先表示板を模型化した「ミニサボコレクション」を紹介したが、その際にも模型屋魂というべき再現へのこだわりに圧倒されたもの。今回の運転台模型にも、その精神は見事なまでに貫かれているようだ。

グリーンをベースにした全体の色合いやアナログでちょっと無骨な計器類の再現はもちろんのこと、ブレーキやマスコン(自動車でいうところのアクセル)の動き方も本物に近い感触。さらにこれらを動かすごとに、「プシュー」「カチカチ」といった音までちゃんと鳴るようになっている。

あわせて読みたい

  • フィギュアがローカル線の救いの女神? 「鉄道むすめサミット」開催

    フィギュアがローカル線の救いの女神? 「鉄道むすめサミット」開催

  • 鉄道模型レイアウトは「デスクトップ」サイズの時代

    鉄道模型レイアウトは「デスクトップ」サイズの時代

  • プラレール誕生50周年、進化のあゆみ

    プラレール誕生50周年、進化のあゆみ

  • コネタの記事をもっと見る 2010年7月30日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    > 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    おもしろの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース