review

危ない! 芥川賞作家が描いた美少女ギャグマンガ『フキンシンちゃん』

危ない! 芥川賞作家が描いた美少女ギャグマンガ『フキンシンちゃん』
芥川賞作家の長嶋有が描く、不謹慎なことばっかり言うヒロイン「フキンシンちゃん」がとっても不謹慎。きわどいネタがぼこぼこ出てくる怪作ですが、実はよく読むと藤子オマージュされたマンガの裏にもう一つのテーマが見えてきます。
6月も半ばですね。
これから暑くなるとか、雨が降ってじっとりするとか、仕事が山のようにとか考えるととっても嫌な気分になりますね。
昨年はいろいろありましたが、こんな時くらい、逆に不謹慎なこと言ってみたい衝動にかられませんか。
僕は駆られます。
今すぐにここでも(以下編集による削除)

ふう。
以前インタビューをした、芥川賞作家の長嶋有が描いたマンガ『フキンシンちゃん』が発売中です。
小説家がマンガ!? とびっくりされる方もいると思います。
実は「コミPo!」という、キャラを3Dモデルで動かしてマンガのようにコマを作れるソフトを駆使したマンガなんです。絵が描けなくてもマンガが作れる! すごい時代です。
もちろんあくまでもソフトウェアなので、3Dモデルはある一定のものを使用。なので似たような顔のキャラで構成されていますが、行動と髪の毛・表情の差で、読みやすくキャラ分けができています。

このマンガはほぼ最初に「フキ子ちゃんが不謹慎だってこと、皆、気づいていない」というセリフで始まります。
一定のパターン化されたセリフで始まるマンガ、ってのがなんとも懐かしい感じですよね。まさに藤子不二雄A、藤子・F・不二雄が多用していた日常マンガのお決まりです。
実はこのマンガ、お約束パターンをあえて使うことで、作者の人生観を浮き彫りにしたちょっとテクニカルな作品なんです。
一話とかは「ベタだなー」と笑えますが、後半になるに従って結構驚きますよ。...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

レビューの記事をもっと見る 2012年6月19日のレビュー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「アカデミー賞」のニュース

次に読みたい関連記事「アカデミー賞」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「直木賞」のニュース

次に読みたい関連記事「直木賞」のニュースをもっと見る

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース