2013年10月10日、アリス・マンローがノーベル文学賞を受賞することが決まったと報じられた瞬間、私は早稲田大学の教室で座っていた。来日したロシアの作家ウラジーミル・ソローキン(『青い脂』『親衛隊士の日』)と芥川賞作家・藤野可織(『爪と目』『おはなしして子ちゃん』)の対談講演を聴きにいっていたのだ。
先走って「村上春樹がノーベル文学賞受賞」と流してしまった全国紙のネットニュースがあった。すぐに誤報だと判明するのだが、一瞬だけ騒ぎになった。司会役を務めていた市川真人は客席のざわめきからそのことを知り、「今、日本中がその話題で盛り上がっていますが、この教室内だけは別世界ですね」と言ってみんなを笑わせた。

アリス・マンロー。
新刊、『ディア・ライフ』の著者紹介を参考にプロフィールを書いてみる。

彼女は1931年、カナダ・オンタリオ州の田舎町で生まれた。その町の情景はおそらく、マンロー作品の随所で見ることができる。書店経営を経て1968年に初の短篇集"Dance of the Happy Shade"が「総督文学賞」を受賞した。
これはカナダ文学会が1937年に設置した賞で、同国ではもっとも権威ある文学賞とされている。最初は英語作品だけだったが、現在では英仏の2つの言語別にそれぞれ選考が行われている、というのはお国柄を表していて、少しおもしろい。マンローの前々年には友人でもあるマーガレット・アトウッドがこの賞を獲得している。マンローもアトウッドも複数回の受賞経験者だ。その他の日本でも知名度の高い作家だと、1992年にマイケル・オンダーチェが『英国人の患者』で受賞を果たしている(彼も複数回受賞者だ)。