プロ野球がキャンプインし、いよいよ球春到来。そんななか、今年もやります「この野球マンガがすごい2019」。野球マンガ評論家のツクイヨシヒサ、そして私、エキレビ!・野球担当のオグマナオトが、現在連載中の作品から、“今こそ読むべき野球マンガ”を選定していきます。

総括2018:ついに完結、ドカベン・サーガ


オグマ:今年のランキングに行く前に、2018年の野球マンガ事情、特に連載終了した作品について改めておさらいしたいと思います。

ツクイ:まあ、『ドカベン』に尽きますよね。このインパクトがあまりにも大きくて。大団円といえば大団円で、NHKまでもがニュースで取りあげるという。
実は復活していた『ザワさん』の衝撃。決定!この野球マンガがすごい2019
ドカベン・シリーズ(水島新司/秋田書店)のコミックスは全205巻に達した

オグマ:1972年の連載開始から47年目のグランドフィナーレ、ということで「クローズアップ現代」も連載終了日に取りあげ、「報道ステーション」もニュースとして取りあげました。でも、ほとんどの人が「大甲子園」(1983〜87年)、「プロ野球編」(95〜2003年)までしか知らない、という認識も見えてきて、そこがちょっと切なかった。

ツクイ:「スーパースターズ編」(2004〜12年)、「ドリームトーナメント編」(2012〜18年)と、むしろそこからの方が長い旅路だったともいえるんですけど。

オグマ:結局、水島先生は描きたいものを描き切ったんでしょうか? 全水島キャラ集合といいながら、ついに「あぶさん」こと景浦安武は登場せず。

ツクイ:先日、『男どアホウ甲子園』を見ていたら、藤村甲子園とは対戦してるんですよね、あぶさん。

この記事の画像

「実は復活していた『ザワさん』の衝撃。決定!この野球マンガがすごい2019」の画像1 「実は復活していた『ザワさん』の衝撃。決定!この野球マンガがすごい2019」の画像2 「実は復活していた『ザワさん』の衝撃。決定!この野球マンガがすごい2019」の画像3 「実は復活していた『ザワさん』の衝撃。決定!この野球マンガがすごい2019」の画像4
「実は復活していた『ザワさん』の衝撃。決定!この野球マンガがすごい2019」の画像5 「実は復活していた『ザワさん』の衝撃。決定!この野球マンガがすごい2019」の画像6 「実は復活していた『ザワさん』の衝撃。決定!この野球マンガがすごい2019」の画像7