review

衝撃の事実、直木賞選考委員は欠席ばかりしていた〜速報7「芥川賞&直木賞フェス」角田光代&奥泉光

第150回記念「芥川賞&直木賞フェスティバル」速報第7弾!
イベント終了後、30分以内に書いて即アップの最速リポートです。
3月2日15時から16時のステージは
『対岸の彼女』で第132回直木賞を受賞、『紙の月』がドラマ化された角田光代と、
『石の来歴』で芥川賞受賞、『桑潟幸一准教授のスタイリッシュな生活』がテレビドラマ化された奥泉光、
そして読売新聞文化部次長・鵜飼哲夫の座談会。
テーマは「芥川賞、この選評が面白い」


芥川賞直木賞以前にも文学賞はあったが、選評を公表するのは、芥川賞直木賞の特徴で、それ以前にはなかった。
という鵜飼哲夫の説明からスタート。

自分が受賞したときの選評の印象を、蝶ネクタイ姿の奥泉光、タータンチェックのジャケットの角田光代が語った。

角田:当時は、選評を読んで、ちゃと読んでもらってるなぁ、励まされるなあ、と思ってたんです。でも、大人になって読み返してみたら、わたしの小説にほとんどふれられてなくて、こんなに相手にされてなかったのかと気づいて愕然としました。
奥泉:4回候補になって4回目で受賞したんですが、あとから風の噂で聞いた話によると、吉行淳之介さんが、この人の作品は二度と読みたくないのでこの人に取らせようって言ってたらしくて。でも、吉行さんも4回目の候補でとっていて、ほっとした。

おもしろい回の選評をピックアップしながら、その様子を語り、奥泉・角田がそれについてコメントする。

第一回、太宰治「逆行」について川端康成の選評。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「直木賞」に関する記事

「直木賞」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「直木賞」の記事

次に読みたい「直木賞」の記事をもっと見る

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク