review

コピペ問題発覚、女学校を退学させられそうになったはなの運命は?「花子とアン」第2週

       
朝ドラ「花子とアン」は、前作「ごちそうさん」の週間視聴率を、1、2週とも超え、このドラマへの期待の高さを感じさせます。

第2週「エーゴってなんずら?」は、主人公・安東はな(山田望叶)が、東京の女学校に入学。
貧しさや重労働の苦しみから解放されましたが、勉学や異文化の苦しみを味合うことになります。

大好きな本をたくさん読みたいと思って入った学校ですが、英語がわからず、ホームシックにかかってしまいます。
このまま英語ができないと、学校を去ることになってしまう。
そうしないで済むために講じた苦肉の策が、大騒動を呼んで、逆に退学の危機に。
これが、第2週の概要です。

月曜日の朝は、1945年、吉高由里子のはなが、「赤毛のアン」の冒頭を原文で読んでいるところからはじまりました。
吉高の老けメイクがリアル。特に手のしわが。

「赤毛のアン」と言えば、ドラマ、後半、はなの祖父・周造(石橋蓮司)が「そうさな」と言うことに、ちょっと感動しました。
これは、「赤毛のアン」のアンを引き取ったマシューの口癖「そうさのう」ですよね。

幼少のはなは、お父・吉平(伊原剛志)と列車にのって東京へ。
はなが学費免除の給費生として入る修和女学校には、カナダから来た先生がいて、英語を教えてくれるのです。

カナダ人の先生たちは、英語しか話しません。
笑わない女・富山(ともさかりえ)の通訳がないと、はなには、先生の言っていることがわからないのです。
わかるためには勉強しないといけないという、なんというスパルタ教育でしょうか。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「花子とアン」に関する記事

「花子とアン」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「花子とアン」の記事

次に読みたい「花子とアン」の記事をもっと見る

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

花子とアン

花子とアン

「花子とアン」は2014年春のNHK朝ドラ。モンゴメリの『赤毛のアン』を日本に紹介した翻訳家・村岡花子(1893-1968)を、吉高由里子が演じる。

2014年4月15日のレビュー記事

キーワード一覧

  1. 花子とアン 芳根京子

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。