review

袴でおリボン最高。吉高由里子の盗塁フォームにときめく「花子とアン」3週

袴でおリボン最高。吉高由里子の盗塁フォームにときめく「花子とアン」3週
『花子とアンへの道 本が好き、仕事が好き、ひとが好き』村岡恵理/新潮社
「会えない時間があなたへの思いを育ててくれます」
よろしく哀愁か! 
ゴー・トゥー・ベッドでもゴー・ホームでもなくて、ゴーひろみか! 

土曜日18回で、はな(吉高由里子)にプロポーズした、家柄のよい帝大生・北澤(加藤慶祐)の台詞にはたまげました。

朝ドラ「花子とアン」、第3週「初恋パルピレーション!」では、早くもはな役が吉高由里子に変わり、がぜん物語が活気づいてきます。

木曜日の16回で、成長したはなを「さなぎだったはなが美しい蝶になってけえってきたみたい」と美輪(明宏)さまのナレーションが表しますが、ドラマも準備体操を終えて、子役たちが大人俳優たちに変わって、いよいよ本番という感じです。

まず、4月12日月曜日の13回の冒頭、吉高はなが廊下を盗塁のフォームのように滑り込みながら走る動きは、心をつかまれました。

袴でおリボンの女の子がお転婆(死語?)する姿ってどうしてこんなにときめく(パルピレーション)のでしょうか。
しかし、ブラックバーン校長には、その萌えは通じません。
例の罰「ゴー・トゥー・ベッド」(謹慎)をはなに言い渡しますが、この罰が15回では「ゴー・ホーム」(退学か停学)に進化した瞬間は、まさにさなぎが蝶になったように、お! となりました。

なぜ、はなが最大の罰「ゴー・ホーム」を言い渡されたのかというと、門限を破ったから。
学問ひとすじで5年間過ごし、英語の成績は一番、富山先生(ともさかりえ)の訳よりも優れた訳ができるまでに成長したはなでしたが、日曜学校で出会った家柄のよい帝大生・北澤に惹かれて、道を踏み外してしまうのです。

あわせて読みたい

  • "おしん"らしさも 「花子とアン」1週

    "おしん"らしさも 「花子とアン」1週

  • 「花子とアン」に「アン」ファン騒然

    「花子とアン」に「アン」ファン騒然

  • 本日スタート。朝ドラ「花子とアン」の主人公・村岡花子は元祖「池上彰」だった?

    本日スタート。朝ドラ「花子とアン」の主人公・村岡花子は元祖「池上彰」だった?

  • 気になるキーワード

    レビューの記事をもっと見る 2014年4月21日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    次に読みたい関連記事「沢尻エリカ」のニュース

    次に読みたい関連記事「沢尻エリカ」のニュースをもっと見る

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    花子とアン

    花子とアン

    「花子とアン」は2014年春のNHK朝ドラ。モンゴメリの『赤毛のアン』を日本に紹介した翻訳家・村岡花子(1893-1968)を、吉高由里子が演じる。

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら