review

独りで作り続けたゲームが全世界で大注目。入国管理官ゲーム「Papers,Please」

独りで作り続けたゲームが全世界で大注目。入国管理官ゲーム「Papers,Please」
書類をチェックしながら、スタンプを押していくだけの簡単なゲーム、それが『Pepers, Please』です・・・。
毎年3月にアメリカで開催される世界最大級のゲーム開発者会議、ゲームディベロッパーズカンファレンス(GDC)。このハイライトがゲーム開発者の投票をベースに選出されるゲームディベロッパーズチョイスアワード(GDCA)と、インディペンデントゲームフェスティバル(IGF)です。

GDCAは家庭用ゲーム向けで、IGFはインディゲームと呼ばれる独立系ディベロッパー向けの賞。んでもって、ここ数年GDCAが大人しいのに対して、IGFの注目度がうなぎ登り。『マインクラフト』のように全世界で3400万本も売れるインディゲームが登場してきたからです。今年も興味深い受賞作となりました。

まずGDCAで大賞に輝いたのは、PS3で発売されたアクションアドベンチャーの『The Last of Us』。寄生菌の大流行で荒廃したアメリカを舞台に、中年男のジョエルとローティーンの少女エリーが旅を続けるサバイバルホラーです。製作費はざっとウン十億円で、最新技術がてんこ盛り。ハリウッドでの映画化も決定し、『死霊のはらわた』『スパイダーマン』で知られるサム・ライミが製作陣に名を連ねました。

一方でIGFの大賞に輝いたのが、PCゲームの『Papers,Please』です。架空の共産国家アルストツカの入国管理官となり、国境に押し寄せる旅行者の入国審査を行うアドベンチャーゲーム。長い長い行列にはテロリストやスパイなどの危険分子が紛れ込んでおり、さまざまな書類をチェックしながら、時間内にできるだけ多くの旅行者を裁いていきます。困難で時に退屈な仕事です。そして、いつ危険が起きるか分からないのです。...続きを読む

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る 2014年4月16日のレビュー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース