8月9日に放送された「『孤独のグルメSeason4』特別編!真夏の博多出張スペシャル」には驚かされた。どうも番組制作陣にかなりの博多好き、もしくは博多出身者がいるんじゃないか……。確かに主演の松重豊は福岡出身という話だが、明らかに構成・演出が“福岡寄り”だったからだ。

一般に福岡、もしくは博多の食を外から見ていると「博多ラーメン」「辛子明太子」「鶏の水炊き」あたりが有名だ。実際、名物でもある。だが名物=地元の人たちの好物とは限らない。10年ほど前、九州出張のときに生粋の博多っ子から「ラーメンよりうどん」「明太子より、ごまさば」と聞いて驚いた。もちろん全員ではなかろうが、そういう人も多いらしい。以来、博多に行くと「うどん」「ごまさば」を必ず食べるようになった。どちらも大衆的な店の品書きにあり、しかも東京では味わえない。だが何より……とにかくうまいのだ!

今回のスペシャルで井之頭五郎は開始早々「うどんか。ちょっと入れてくか……。ここは敢えてラーメンじゃなしに」とうどん屋に吸い込まれる。このシーンではうどん屋の奥に「ラーメン」と書かれた赤い看板が見えていた(ちなみにこのラーメン屋も実在する。そしてうまい)。ここで「(博多なのに)敢えてラーメンじゃなしに」という東京目線での一言で視聴者をつかむ狙いが見え隠れする。全国区の博多ラーメンを引き合いに出し、本命の福岡うどんに引きずり込む作戦だろう。

しかし東京から出張で来ているはずの井之頭五郎がよそ者目線で博多の食を語ったのは、先のセリフが最初で最後。以降、井之頭五郎は博多の食への造詣と愛情あふれるセリフを(主に脳内で)連発する。