review

「花子とアン」から考える軍用犬の真実、飼い犬はなぜ供出されたのか

       
NHKの連続テレビ小説「花子とアン」の昨日(8月28日)放送の第130回で、ヒロイン・村岡花子(吉高由里子)の家で飼っていた柴犬が軍用犬にするため供出される場面があった。時代設定は1938(昭和13)年、日中戦争が始まって2年目のことだ。

戦時体制下にあって、一般家庭で番犬や愛玩用として飼われていた多くの犬たちが供出されたというのは事実である。ただ、関連書をいくつか読んでいると、それはドラマでの設定よりもう少しあとの時期のことらしい。日中戦争が泥沼化し、太平洋戦争に突入しようかという1940年頃から、軍用犬以外の犬や猫は不要との声が上がり始める。配給される食糧が人々に満足に行き渡らなくなってきた頃の話だ。人間がろくに食べていないのに、犬猫を飼うなどぜいたくだというわけである。

その声は戦争の拡大にともない強まる一方だった。飼い犬にかかる税金(畜犬税)は上がり、警視庁は精肉店での犬の肉の取り扱いを認めた。米軍による本土空襲が始まり、敗戦色が濃くなった1944年には、軍需省と厚生省が野犬狩りとあわせて飼い犬の供出を徹底するよう通牒を出したこともあり、国民的規模で供出運動が行なわれるようになる。……と、こうして見ていくと、「花子とアン」での先述のエピソードは、史実にしたがえば少し登場が早すぎたかもしれない。

もう一点、ドラマと史実との違いをあげるなら、飼い犬の供出は軍用犬にするためではなかった。その名目には、軍需用の毛皮の確保や、狂犬病への対策、あるいは空襲時に犬が逃げ出して人間に危害を加えないようにすることなどがあげられた。いずれにせよ供出された犬は、処分されることが最初から決まっていたのだ。供出対象は、軍用犬・警察犬・猟犬など特別に許可された犬をのぞく、すべての犬に及んだ。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「花子とアン」に関する記事

「花子とアン」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「花子とアン」の記事

次に読みたい「花子とアン」の記事をもっと見る

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年8月29日のレビュー記事

キーワード一覧

  1. 花子とアン 芳根京子

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。