今夜、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』(以下・「Q」)と「巨神兵東京に現わる」がテレビ初登場です。
関東圏では旧劇場版の「DEATH」からはじまって、ついに「Q」まできたエヴァ祭り。17年を駆け抜けた感ありますね。

興行収入的には「エヴァンゲリオン」の映画ではトップの「Q」。
だが! 公開当時の賛否両論っぷりはすごかった。
ネタバレは避けつつ、映画放映時とその後のテンションの上がり下がりを思い出してみようと思います。
ポイントになるのは、同じ賛否両論でも、旧劇場版「Air/まごころを、君に」(以下・EoE)の時と状況が全く違う、ということです。

●高い映画評価と、ワースト映画としての評価
新劇場版「序」と「破」で、今までの「エヴァンゲリオン」の、うじうじ碇シンジ像を覆し、エンタテイメントになったと思いきや、急転直下どえらいことになった「Q」。
あまりの内容に、シンジ役の声優・緒方恵美があんまりにも落ち込んでしまい、渚カヲル役の声優・石田彰が心配してコーヒー入れてきたり肩もんだりしたくらい(「Q」パンフレットより)。

公開初日は「是か非か」以前に、「なんだこれは」という声が圧倒的に多かったです。
「破」の力強さは一切ない。「序」で大切にしていた90年代日本の空気もゼロ。「一体何が起きているのか分からない」感覚が観客を殴打し、困惑しかできない。
ミサトの組織ってなんなのよとか、セントラルドグマのアレは何かとか、エヴァ13号機の仕組みとか。まともに受け取っていいのかどうかすらわからない。