review

「朝日は赤くなければ朝日ではないのだ」過激な天才、赤瀬川原平を追悼2■パロディの刃

「朝日は赤くなければ朝日ではないのだ」過激な天才、赤瀬川原平を追悼2■パロディの刃
赤瀬川原平『櫻画報大全』(新潮文庫、1985年)<br />「朝日ジャーナル」で連載された赤瀬川のパロディイラスト「櫻画報」の単行本を文庫化したもの。巻末には、連載終了から14年を経て「櫻画報」を振り返った、赤瀬川ほか松田哲夫・呉智英・南伸坊・四方田犬彦といった人たちによる座談会を収録する。
「1」より続く
私が初めて赤瀬川原平の名前を知ったのは小学生のときだったと思う。『別冊一億人の昭和史 昭和マンガ史』(1977年)という本が家にあって、それに「マンガ昭和無署名犯罪史」と題する赤瀬川の描き下ろしイラストが載っていたのだ。

8ページにわたるこのイラストは、大正末の関東大震災から刊行当時に世間をにぎわせていたロッキード事件まで、半世紀のあいだに起こった犯罪事件を各時代のマンガの主人公とともに描いたものだ。そこではたとえば、昭和30年代前半のヒーローである月光仮面が、カミナリ族(暴走族の元祖)と呼ばれる若者たちとともにオートバイで疾走している。しかしよく見ると月光仮面のバイクにはタイヤがなく、その車体はキノコ状の何やらニョキニョキ伸びた物体に乗っかっている。

その物体が一体何なのか、子供だった自分にはわからなかった。だが高校生ぐらいになってあらためて見て、それが男性のナニであり、しかも障子を突き破っていることに気づきハッとなった。そう、この絵は、石原慎太郎の小説『太陽の季節』のかの有名なシーンのパロディでもあったのだ。それは障子の破れ目から、太陽が顔をのぞかせていることからもあきらかである。「太陽」と月光仮面の額の「三日月」が対置されているところにもしびれる。まあ『月光仮面』の原作者の川内康範がこれを見たら、きっと気を悪くしたことだろうが(そもそもこのイラストは、版権とかちゃんとクリアしていたのだろうか……)。

あわせて読みたい

  • 東京オリンピックの裏伝説。芸術家たちはなぜ道路のゾーキンがけをしたのか

    東京オリンピックの裏伝説。芸術家たちはなぜ道路のゾーキンがけをしたのか

  • 「あの連載をすぐにやめろ!」手塚治虫がブチきれた!?  佐々木マキの前衛実験漫画『うみべのまち』

    「あの連載をすぐにやめろ!」手塚治虫がブチきれた!?  佐々木マキの前衛実験漫画『うみべのまち』

  • 『号外!! 虚構新聞』 ま た お ま え か

    『号外!! 虚構新聞』 ま た お ま え か

  • 発想の天才、赤瀬川原平を追悼3

    発想の天才、赤瀬川原平を追悼3

  • 気になるキーワード

    レビューの記事をもっと見る 2014年11月16日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら