review

駄目な人間ほど働かん言い訳や上手ねん「まれ」45話

朝ドラ「まれ」(NHK 月〜土 朝8時〜)5月20日(水)放送 第45話より。
NHK連続テレビ小説「まれ」「希空~まれぞら~」NHK出版オリジナル楽譜シリーズ

希(土屋太鳳)は、ケーキのルセット(レシピ)の泥棒疑惑をかけられてしまったうえに、池畑大悟(小日向文世)に新しいルセットを提案させてほしいと申し出て、彼の地雷を踏んでしまいます。
大悟は、自分を納得させられるルセットができなかったら、従業員全員クビで店もやめると言い出し、希、さらに大ピンチ。
陶子(柊子)と浅井(鈴木拓)が怒ったり困ったりしているときの場面のBGMが、警察ドラマかと思うようなサスペンスちっくな曲で、場面の緊迫をムダに盛り上げていました。

ルセット泥棒事件は、44話のレビューの予想どおり、45話でさっさと犯人が判明しました。たいてい、問題勃発、解決と2話分がセットになっている気が・・・。
犯人は・・・大悟の妻、占い師・輪子(りょう)が、浅井を前に水晶占いをしていると明らかになります。
占いとは、相談者の潜在意識を引き出す聞き方のテクニックだなあと思わされました。輪子は妙な動きで水晶をのぞいていただけのようですが、ドラマにはちゃんと占い指導の方(八木智美)がついているんです。ネットで検索したら、八木智美さん、横浜中華街で鑑定をしていて、NHK学園手相講師もしていた方なんですね。いったいどんな指導しているのか気になります。

ところで、ピンチの希が海を見て能登に思いを馳せる場面を見ていて、横浜が舞台になったのは、能登と「海」つながりーーどちらも海から未知の文化を取り入れてきた土地なのだと気づきました。横浜は能登よりもディープでせちがらいところですが、平行世界のような存在で、疑似家族が横浜にもいて(池畑家)、駄目な男もいます。で、駄目な男は崖っぷちの浅井かと思ったら、さすがにそれでは役不足のようで、大輔(柳楽優弥)という大物が。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る

朝ドラ「まれ」

朝ドラ「まれ」

能登地方に家族と移住し育ったヒロイン津村希(つむら まれ)がパティシエを目指して成長していく物語。脚本は山崎絵里子が執筆するオリジナル作品で、ヒロインは土屋太鳳が演じた。2015年3月30日〜9月26日放送。

お買いものリンク