review

うーん。謎過ぎる演出も危機的か「まれ」48話

       
朝ドラ「まれ」(NHK 月〜土 朝8時〜)5月23日(土)放送 第48話より。脚本:篠崎絵里子 演出:渡辺一貴

第8週「危機的クリスマスケーキ」の最終話となる48話は、危機に次ぐ危機。
希(土屋太鳳)は、ルセット(レシピ)を浅井(鈴木拓)に譲ったことが池畑大悟(小日向文世)にバレて、採用試験不合格を言い渡されてしまいます。
「ルセットはパティシエの命だ。その命を お前は あっさりと浅井に渡した」
と怒る大悟。
「盗むのも盗まれるのも罪じゃない。盗んでも生き残ろうとして 当たり前の世界だ。それを自分から 差し出すようなやつは クズだ。」と続けます。
どうりで、47話で、能登の食材を使ったルセットに可能性を感じた途端「おれがつくる!」と作り始めたわけです。
大悟にはブレがありません。
彼は「何かを得たいなら 何かを捨てろ。そうしなくても済むのは ほんの一握りの天才だけだ。俺はそうやって 世界一を目指してきた。」とも言います。
そんなこと言って、結婚して子供もふたりもうけているじゃないか、と思うものの、前半、天中殺にて家族でご飯を食べているとき、まったく会話してなくて、冷えきった食卓な感じなんです。家庭を省みず娘に寂しい思いを強いていたのは確かですし。大悟は世界の巨匠になるために一般的な家庭団欒を捨てているんですね。
とはいえ、家庭ももってないってほうが説得力はあると思いますが。
「まれ」は先鋭的なものを目指しているわけではない、日本全国の多くのひとたちに向かった庶民的な朝ドラだからか、描写が若干ゆるいです。とくに48話ではそれは顕著で、クライマックス、能登の年忘れパーティー。徹(大泉洋)がでっかい夢を捨てる宣言をしたら藍子(常盤貴子)が、「でっかい夢見ない徹さんなんて 全然 魅力的じゃない!」と怒りだしたかと思うと、圭太(山崎賢人/崎の大は立)が一子(清水富美加)に自分が塗った2本めの箸を渡し激怒され(鈍すぎるだろ、圭太!)、さらに、なぜか洋一郎(高畑裕太)が希に電報打って励ましたことを咎めはじめて大げんかに(みのり〈門脇麦〉をいつも余計な報告をしている感じに使うのもどうかと)。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

朝ドラ「まれ」

朝ドラ「まれ」

能登地方に家族と移住し育ったヒロイン津村希(つむら まれ)がパティシエを目指して成長していく物語。脚本は山崎絵里子が執筆するオリジナル作品で、ヒロインは土屋太鳳が演じた。2015年3月30日〜9月26日放送。

2015年5月25日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。