review

このドラマ、イライラさせる戦犯は誰「まれ」50話

       
朝ドラ「まれ」(NHK 月〜土 朝8時〜)5月26日(火)放送 第50話より。脚本:篠崎絵里子(崎の大は立) 演出:西村武五郎
このドラマ、イライラさせる戦犯は誰「まれ」50話
『スクールガール・コンプレックス~放送部篇~』SDP
門脇麦ちゃんの代表作「愛の渦」は刺激が強すぎるので、こちらを。

「まれ」ついに50話。
この回で気になったのは、徹(大泉洋)とみのり(門脇麦)の存在です。
このふたりが、ドラマへの苛々を倍増させているような気さえしてきました。
まず徹。
「まれ」における駄目人間の代表で、実体のない大きな夢ばかり見ては失敗を繰り返し、ちっとも地道にコツコツできない性分です。
この50回の間、何度となく、脱大きな夢宣言をしたものの、その舌の根も乾かぬうちに夢をみはじめていた徹。
50話でも、感動的なBGMにして、夢よりも家族と訴え、離婚をとりやめにしてもらえそうになった途端、東京から仕事仲間に呼ばれて瞳をキラキラさせてしまいます。
他人のことは「ちまちま」とか揶揄するけれど、当人がもっとも「ちまちま」と夢と諦めを繰り返していて、それがドラマを退屈にさせている要因ではないかと思えてきました。
小さな繰り返しではなく、大きな波が欲しいんですよ。大きな事件が。
まあ、逆をいえば、この小ささがリアル。ドラマだから大きなことが起るけれど、ふつうの人間はたいていこんな感じで、夢と現実の間を行ったり来たりしながら、気づくと10年、15年、平気で経っているものです(実体験)。

そして、みのり。当初、癒し系と思って見ていましたが、ここへ来て、大変うざい存在と化しています。もともと門脇さんは「みのりは裏ボス的な存在」とスタッフから言われていたそうなので、癒し系と思って見ていたほうが間違いだったわけですが、裏ボスって言ったって、このひとも徹と同じく、さほど大きなことを狙って何かしているわけではありません。いまのところ。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「まれ」に関する記事

「まれ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「まれ」の記事

次に読みたい「まれ」の記事をもっと見る

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

朝ドラ「まれ」

朝ドラ「まれ」

能登地方に家族と移住し育ったヒロイン津村希(つむら まれ)がパティシエを目指して成長していく物語。脚本は山崎絵里子が執筆するオリジナル作品で、ヒロインは土屋太鳳が演じた。2015年3月30日〜9月26日放送。

2015年5月27日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。