review

「下町ロケット」今夜2話。阿部寛率いる佃製作所を陥れた手口を、わかりやすくおさらい

視聴率16.1%の好スタートを切ったドラマ「下町ロケット」(TBS日曜よる9時)。原作は池井戸潤の直木賞受賞作。10月18日放送の第1話では、阿部寛演じる主人公・佃航平率いる佃製作所が次々と危機に見舞われ、「倒産or買収」の二択を迫られた。しかし、その危機が思いがけない活路をひらく。佃製作所にいったい、何が起きているのか。池井戸潤作品に欠かせない、イヤ〜な敵役の顔ぶれと共に、振り返ってみたい。
「下町ロケット」今夜2話。阿部寛率いる佃製作所を陥れた手口を、わかりやすくおさらい
「下町ロケット」(TBS日曜よる9時)第2話より

ルー大柴による、ごめんねプレイ


事の発端は、大手取引先である京浜マシナリーらの取引中止宣言だった。引導を渡す部長役に、ルー大柴。この部長さん、反論する気を削ぐのがやたらと上手い。「カンベンしてください」と懇願する航平に「うちにだって都合はあるんだ」と強く出たかと思うと、「その通りだ、すまん」と謝ったりもする。といっても本気で反省しているわけではない。「申し訳ないけど、決定事項なんだ」と押し込み、「これはもう、どうしようもないんだ」と念押しするための“すまん”なのだ。
「下町ロケット」今夜2話。阿部寛率いる佃製作所を陥れた手口を、わかりやすくおさらい
「下町ロケット」(TBS日曜よる9時)第2話より

春風亭昇太による、ニヤニヤ罵倒


池井戸作品には、いやったらしい銀行員がたくさん登場する。今回、感じの悪い融資担当に抜擢されたのは、春風亭昇太。画面いっぱいに、ニヤニヤ笑いを披露しながら「利益をうまない特許製品なんてガラクタと同じだ」「悪いけど佃さん、御社の技術開発力を評価してる者は当行にはひとりもおりません」と貸し渋る。その後、東国原英夫演じる支店長も加わって、ねちねちねちねち。出色の気持ち悪さで、航平の好感度アップを全面サポートする。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「下町ロケット」に関する記事

「下町ロケット」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「下町ロケット」の記事

次に読みたい「下町ロケット」の記事をもっと見る

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

下町ロケット

下町ロケット

池井戸潤の直木賞受賞作を阿部寛、土屋太鳳らでドラマ化。2015年の10月期に放送したエンターテインメント巨編『下町ロケット』の新シリーズ。TBS 日曜劇場にて、2018年10月14日〜12月23日放送(2019年1月2日に特別編放送)。

2015年10月25日のレビュー記事

キーワード一覧

  1. 下町ロケット 最終回

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。