review

池井戸潤原作「下町ロケット」今夜スタート。小さな町工場が銀行と戦う、イヤ〜な上司にはあの人が

       
今夜スタートするTBS日曜劇場の新ドラマ「下町ロケット」(土曜よる9時、初回は2時間スペシャル)。原作は池井戸潤の同名小説。第4回直木賞受賞作でもある。ドラマ放送に先駆け、10月3日から朝日新聞で「下町ロケット2 ガウディ計画」の連載も始まった。ドラマの後半では、新聞連載とドラマが同時進行という、異色の試みが行われる。さっそく原作をおさらいしながら、見どころを探っていきたい(完成披露試写会レポはこちら)。
池井戸潤原作「下町ロケット」今夜スタート。小さな町工場が銀行と戦う、イヤ〜な上司にはあの人が
「下町ロケット」(TBS日曜よる9時)第1話より

今回の主人公は町工場の二代目社長


物語の主人公・佃航平は元・宇宙開発機構の研究員。父親の後を継ぎ、下町にある精密機械工場「佃製作所」の社長になった今も、ロケット開発の夢を諦めきれずにいる。よく言えばピュア、悪くいえば、世間知らず。会社の資金繰りが危ないと経理部長に聞かされても、「(特許の)商用化を目指せば、売上げに貢献できるはずだ──と、そんな説明で、銀行を説得することはできないだろうか」などと、夢見がちなことを言ってしまうところがある。
池井戸潤原作「下町ロケット」今夜スタート。小さな町工場が銀行と戦う、イヤ〜な上司にはあの人が
『下町ロケット』池井戸潤/小学館

《図体がでかいこともあって見かけは無骨な中小企業のオヤジでも、中身は繊細な研究者のままだ》という航平を演じるのは、阿部寛。今でこそ、熱く夢を語っている航平だが、「いまのあなたには夢も希望もない」と、妻に三下り半を突きつけられた過去もある。
池井戸潤原作「下町ロケット」今夜スタート。小さな町工場が銀行と戦う、イヤ〜な上司にはあの人が
「下町ロケット」(TBS日曜よる9時)第1話より

土屋太鳳演じる、ひとり娘の梨奈との仲もしっくり行かない。心配した航平が声をかけても「たまに帰ってきて父親づらしないで」(大意)と、とりつくしまもない。「夢を追いかける」というと聞こえはいいが、ふわふわと夢だけを追うのは難しい。現実には面倒なことがたくさんある。そんなことは百も承知の上で「夢はあるか」と、池井戸作品は問い続ける。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「下町ロケット」に関する記事

「下町ロケット」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「下町ロケット」の記事

次に読みたい「下町ロケット」の記事をもっと見る

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

下町ロケット

下町ロケット

池井戸潤の直木賞受賞作を阿部寛、土屋太鳳らでドラマ化。2015年の10月期に放送したエンターテインメント巨編『下町ロケット』の新シリーズ。TBS 日曜劇場にて、2018年10月14日〜12月23日放送(2019年1月2日に特別編放送)。

2015年10月18日のレビュー記事

キーワード一覧

  1. 下町ロケット 最終回

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。