review

殺人を犯すエネルギーが過多「犯因症」をおさらいしてみた「無痛」今夜4話

       
「今のままだと君は……人を殺す。出ているんだ、犯因症が!!」(為頼英介/西島秀俊)

特殊な“診察眼”を持った医師・為頼英介(西島秀俊)が正義感が強すぎる刑事・早瀬(伊藤淳史)と共に、事件に巻き込まれていくドラマ「無痛〜診(み)える眼〜」(フジテレビ水曜10時)。10月21日放送の第3話では、早瀬が“犯因症──犯罪を犯す者に特有の徴候が出ている”と為頼に告げられ、ひどく動揺するというエピソードが描かれた。第1話から繰り返し登場する、犯因症とは一体何なのか。
殺人を犯すエネルギーが過多「犯因症」をおさらいしてみた「無痛」今夜4話
「無痛〜診(み)える眼〜」(フジテレビ水曜よる10時)第4話より

「犯因症」はエネルギー過多の現れ


第1話で、為頼と義姉(浅田美代子)が遭遇した通り魔事件。為頼は犯人が暴れ出すよりも先に通報し、早瀬に不審がられた。このとき、通報のきっかけになったのが「犯因症」だった。第2話で為頼の恩師である久留米教授がこう解説している。
「人を殺すには大きなエネルギーがいる。人間にとって殺人という行為は簡単に乗り越えられない壁なんです。逆に言うと、殺人を犯す人間にはそれを乗り越えるエネルギーが過剰にあるということです。そのエネルギー過多を私は“犯因症”と呼んでいます」
殺人を犯すエネルギーが過多「犯因症」をおさらいしてみた「無痛」今夜4話
「無痛〜診(み)える眼〜」(フジテレビ水曜よる10時)第4話より

原作では、眉間の皺に現れる


原作では、為頼が菜見子に対し、犯因症の特徴を事細かに説明するシーンが登場する。
「両眼のあいだから額にかけて、皮膚の下で筋肉がアコーディオンのように圧迫されて、盛り上がる感じですかね。外から見ると、皮膚の下にミミズが這い込んで、うねったような皺になる。ローマ字のMみたいな」

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「無痛 + ドラマ」のおすすめ記事

「無痛 + ドラマ」のおすすめ記事をもっと見る

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

無痛

無痛

久坂部羊の医療サスペンス小説「無痛」が原作のテレビドラマ。

2015年10月28日のレビュー記事

キーワード一覧

  1. 無痛 ドラマ

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。