review

佃航平は空気を読まないのか、読めないのか「下町ロケット」今夜5話

ロケット編がいよいよ大詰めを迎えた「下町ロケット」(TBS、毎週日曜夜9時〜)。11月8日の放送の第4話では、帝国重工の調査チームが“審査”と称して、ねちねちチクチク嫌がらせの限りを尽くす。その背景には、佃製作所に不合格の烙印を押し、「特許使用契約ではなく、部品供給をさせてほしい」という主人公・佃航平(阿部寛)の希望を退けたいという思惑があった。
佃航平は空気を読まないのか、読めないのか「下町ロケット」今夜5話
「下町ロケット」(TBS日曜よる)第5話より

一方、佃製作所の社内もなかなか足並みが揃わない。営業部・江原(和田聴宏)に経理部・迫田(今野浩喜)、技術開発部の真野(山崎育三郎)は部品供給には反対。特許使用契約を結べば、働かずして確実に金が入ってくる。わざわざリスクを冒してまで部品供給にこだわる必要はないというわけだ。かつて「いまのあなたには夢も希望もない」と妻に離婚届を突きつけられた男が、今度は社員に「あなたの夢にはついていけない」(大意)と突き放される。なんとも皮肉な状況なのだ。

佃航平は空気を読まないのか、読めないのか


「決定事項なんですか?」「社内の反対を押し切ってやってもうまくいかないんじゃないですか」と、口々に不満を述べる若手社員たち。ところが、佃は彼らを帝国重工のテスト対策チームに任命する。帝国重工・財前部長(吉川晃司)が部品供給を断るため、佃製作所を訪れたときもそうだったが、航平はたびたび“空気を読まないリアクション”で意表をつく。
佃航平は空気を読まないのか、読めないのか「下町ロケット」今夜5話
「下町ロケット」(TBS日曜よる)第5話より

対策チームに参加した江原ら若手社員は、帝国重工の調査チームに小馬鹿にされまくった結果、闘志に火がつく。「部品供給がいいとか悪いとか、そういう問題じゃない。これは俺たちの問題だ!」「町工場の意地を見せてやろうぜ」と張り切り、帝国重工のムチャぶりに応える。航平はこうなることをある程度、予測していたのか。

この記事の画像

「佃航平は空気を読まないのか、読めないのか「下町ロケット」今夜5話」の画像1 「佃航平は空気を読まないのか、読めないのか「下町ロケット」今夜5話」の画像2 「佃航平は空気を読まないのか、読めないのか「下町ロケット」今夜5話」の画像3 「佃航平は空気を読まないのか、読めないのか「下町ロケット」今夜5話」の画像4
「佃航平は空気を読まないのか、読めないのか「下町ロケット」今夜5話」の画像5 「佃航平は空気を読まないのか、読めないのか「下町ロケット」今夜5話」の画像6
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「下町ロケット」に関する記事

「下町ロケット」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「下町ロケット」の記事

次に読みたい「下町ロケット」の記事をもっと見る

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る

下町ロケット

下町ロケット

池井戸潤の直木賞受賞作を阿部寛、土屋太鳳らでドラマ化。2015年の10月期に放送したエンターテインメント巨編『下町ロケット』の新シリーズ。TBS 日曜劇場にて、2018年10月14日〜12月23日放送(2019年1月2日に特別編放送)。

お買いものリンク