90s

エロすぎる歌詞が話題に サザンオールスターズの「エロス三部作」

エロすぎる歌詞が話題に サザンオールスターズの「エロス三部作」
数多くの国民的ヒット曲を生み出してきたサザンオールスターズ。ノリのいいサウンドに乗る軽妙な歌詞は、いかがわしさや妖しさも極上のスパイスとなっている訳だが、長いサザンの歴史の中には、そのスパイスの中でも「エロ」を全面に押し出したシングルが3曲ある。

桑田佳祐いわく「エロス三部作」と呼ばれているその作品たちがいかに「エロ」なのか、真面目に考えてみたい。

1992年7月18日発売『シュラバ★ラ★バンバ』


TBS系ドラマ『ずっとあなたが好きだった』挿入歌。佐野史郎の怪演によるマザコンキャラクター「冬彦さん」で有名なドラマだ。
ちなみに主題歌の『涙のキッス』は同日発売のシングルである。

日本語が英語のように聴こえる桑田節はのっけから全開。
「シュラバ~」から始まる出だし。筆者は歌詞カードを見るまで、意味や文法はさておき「シュラバランバtouch me you」に聴こえていたが、正解は「修羅場穴場女子浮遊」
こんなの絶対分かるわけがないし、「悶々」の表記が「悶☆MOAN」であり、「モンモォァン」と歌うセンスも桑田にしかありえない。

ユーロビート調のグルーヴ感の中には、卑猥なメッセージが隠されているのも面白い。
「Xがすごいじゃない Yが上手いじゃない」「Xがいいじゃない Yが黒いじゃない」とあるが、この方程式の「X」は「腰」、「Y」は「股」とすると実にしっくりくる。(つまり、「W」があれば「胸」ということ)
また、謎の歌詞である

あわせて読みたい

  • 桑田佳祐がテーマ曲を提供した「世紀の一戦」とは?

    桑田佳祐がテーマ曲を提供した「世紀の一戦」とは?

  • PUFFYの名曲に込められた"遊び心"の数々 タモリに影響された曲も!?

    PUFFYの名曲に込められた"遊び心"の数々 タモリに影響された曲も!?

  • 音楽シーンを一変させた宇多田ヒカル デビュー当時の衝撃とは

    音楽シーンを一変させた宇多田ヒカル デビュー当時の衝撃とは

  • 国民的人気バンド チェッカーズ解散の真相とは?

    国民的人気バンド チェッカーズ解散の真相とは?

  • 90s チョベリーの記事をもっと見る 2016年2月18日の90s チョベリー記事
    「エロすぎる歌詞が話題に サザンオールスターズの「エロス三部作」」の みんなの反応 4
    • 我はエロチカ・セブン 通報

      「ボディスペシャル II」を忘れてもらっちゃ困る(^^)v

      17
    • しし 通報

      初期の頃の桑田さんも大好きです!『クリといつまでも』の時には既にエロスを醸し出してましたよね〜

      10
    • 匿名さん 通報

      I AM A PANTY ・・ あまり歌詞の意味を感じることなく聴くのが良いのですよ。 深堀りせずにお願いします。

      8
    • 匿名さん 通報

      「クリといつまでも」が入ってないじゃないか!

      0
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    > 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

    90s チョベリーニュースアクセスランキング

    90s チョベリーランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    コラムの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    90s チョベリーとは?

    90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

    その他のオリジナルニュース