ベッキーの不倫謝罪会見に始まり、高畑裕太逮捕による母・高畑淳子の記者会見まで、近ごろは記者会見に対して賛否両論が巻き起こる例が多い。マスコミが生まれてから現在まで、数々の記者会見が行われてきた。
そんな記者会見史上でも圧倒的に奇妙で、賛否の評価をしがたいのが、ライフスペース・高橋弘二代表による記者会見だ。

高橋代表による記者会見は、人がひとり死亡している事件について開かれたにもかかわらず、記者たちが大爆笑に包まれるという異様な展開をみせる。

「ライフスペース事件」とは?


1999年11月、千葉県成田市のホテルから、「4か月以上も宿泊している不審な客がいる」と警察へ通報があった。警察が駆け付けると、ホテルの一室のベットにミイラ化した男性の遺体が横たわっていた。

部屋を借りていたのは、自己啓発セミナー(実質は新宗教団体)のライフスペースのメンバーたちだった。遺体の男性は脳出血で入院中の病院から家族によって連れ出され、ホテルの部屋でシャクティパッドという「治療」をほどこされている最中だった。
シャクティパッドとは、頭部を軽く叩くことによって病気を治す「治療法」を指している。男性の家族も含め、ライフスペースのメンバーは「男性はまだ生きていた」「警察の司法解剖によって死亡した」などと主張した。

あまりに特異な事件であり、ニュース番組からワイドショーまでもが連日事件の成り行きを伝えていた。記者の質問に答えるライフスペースのメンバーは、きれいな服装をした普通の若者たちで、異常な事件を引き起こしたようには見えなかった。