smadan

そば湯を飲む男にドン引き…? 関東と関西で異なる食文化

そば湯を飲む男にドン引き…? 関東と関西で異なる食文化
画像はイメージです。
恋人との食事の時間はできれば楽しく過ごしたいもの。しかし、ちょっとしたすれ違いで相手にドン引き……なんてこともあるかもしれない。「はてな匿名ダイアリー」に投稿された“そば湯”に関する女性の意見が大きな反響を呼んでいる。

そば湯を飲む男は受け入れられない?


11月7日に投稿されたのは「そばの茹で汁を平気で飲む彼氏」というタイトルの記事。「育ってきた環境の違いなのか、そばの茹で汁を飲む人をはじめてみた。そば湯だからと言うのだけど、茹で汁ごときを健康に良いといって平然と飲む姿を受け入れられそうにない」とのこと。

この投稿に対し、「蕎麦湯飲まない人間は信用できない」「さすがにこれで受け入れられないってどうなの?」という意見が相次ぐ。しかし、実は関西ではそば湯を飲むということは一般的ではないよう。そのため、“そば湯”自体を知らない人にとってはショッキングな光景だったのかもしれない。

関東では濃い味のだしが、関西では薄味が好まれていて、日清食品のインスタント麺「どん兵衛」の味も使い分けられていることはよく知られている。だが、そば湯は意外と気がつかない食文化の違いだったらしい。

そば湯はどうして飲まれるようになったのか


そもそも、そば湯はどうして飲まれるようになったのか。そばの製造などを手掛ける「日穀製粉」のサイトによると、そば湯を飲む風習は信州から江戸に広まったという。「もともとそばはバランスのとれた栄養食。なかでもそば粉に含まれる植物性蛋白質はとても良質なことで知られます。しかし水に溶けやすくその半分近くがゆで汁に流れ出てしまいます。せっかくの栄養をムダにしないよう、生活の知恵として口にしたのがそもそもの始まり」と記述してある。
スマダンの記事をもっと見る 2016年11月17日のスマダン記事

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スマダンニュースアクセスランキング

スマダンランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

スマダンとは?

ミレニアル世代の男性がスマートに生きるための情報を発信します。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。