smadan

坂上忍、学校のグループ分けで孤立する人に「社会に出たら、余ったら仕事ない」

タレントの坂上忍さんがテレビ番組で、学校で孤立するタイプの生徒について厳しい意見を述べた。これについてネットでは賛否の声が上がっている。

学校で孤立する人は社会に出たら仕事がない!?


坂上さんが発言したのは、2月6日に放送された『好きか嫌いか言う時間』(TBS系)でのことだ。青山学院大学で駅伝三連覇を達成した原監督などの教育者と、現役中高生が「現代の学校」について討論。ネットいじめやブラック部活、スクールカーストについて語り合った。

問題になっているのは、番組中盤に中学一年生の女子がいじめやスクールカーストを無くす方法として、「修学旅行や校外学習のグループ分けは先生が決める」と提案した場面だ。好きな相手と組むことを認めると、クラスで孤立する人が必ず出るから、先生がグループ分けをしてしまえば平等になって良いという趣旨の発言。

これに坂上さんは、グループ分けの意図は生徒の自主性を促すことにあると説明すると、中学生も「その意図も分かる」と話した上で、“孤立してしまう子が出てきて組み分けの時点から楽しくなくなる”と改めて主張した。坂上さんは「今みたいな恐れがあるんだったら先生の力足らず」としながらも、「余らないように努力するのもひとつ。社会に出たら、余ったら仕事ないから」と発言した。

この言葉にネットでは、「余ったことのない人の発言だよ」「『イジメられないように努力するのも大切だ』と言ってるようなもん」「努力するのが大事なのは同意だけど、そうやって追い詰めちゃうから社会に出られない子が増えるんだよ」と批判が出ている。

あわせて読みたい

スマダンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュースランキング

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年2月8日のスマダン記事

キーワード一覧

スマダンとは?

ミレニアル世代の男性がスマートに生きるための情報を発信します。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。