90s

元WBCチームメイトが語ったイチローの凄さ「人の考えを否定しない人だった」

今月、アメリカのメジャーリーグは、各地でキャンプインした。それに伴い、日本人メジャーリーガー達の様子もニュースで連日、報じられるように。
その中でもメジャー17年目を迎えたイチローは、毎日変わるTシャツのイラストも含め、今年も大きな注目を集めている。

イチローは昨年にはメジャー通算3000本安打を達成するなど、「レジェンド」と称されるほどの偉大なキャリアを築き上げてきた。そんなイチローには、多くの選手がリスペクトの目を向けている。
今年初めてメジャーリーグのキャンプに参加した、新人のブライアン・アンダーソンは「彼は生きる伝説」と発言。この他にも、オズナやゴードンなど、イチローを慕うチームメイトは多い。

「人の考えを否定しない」イチローの凄さ


イチローが周囲からの尊敬を集めているのは、もちろんアメリカに限った話ではなく、日本人選手からも畏敬の念を抱かれている。特に第一回、第二回WBCでは日本の精神的支柱として、2連覇に大きな貢献を果たした。
そんなイチローのの凄さを、2006年に行われた第一回WBCでチームメイトとして戦った里崎智也が、2015年発売の『非常識のすすめ』で語っている。

イチローはメディアで度々見せる気難しい印象と異なり、後輩に対してもかなり気を配っていたようだ。里崎によると、イチローは「人の考えを否定しない人だった」と本書内で紹介。

また、里崎はイチローとのこんなエピソードを紹介している。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

90s チョベリーニュースランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る
お買いものリンク