90s

イチローの「30年発言」から生まれた因縁……激闘だった第1回WBCの韓国戦

イチローの「30年発言」から生まれた因縁……激闘だった第1回WBCの韓国戦
※写真はイメージです
日本で社会現象となっているWBC。しかし、アメリカでは未だに注目度が低いようです。野球の本場、しかも主催国なのに、いったいなぜでしょうか?
さまざまな原因が考えられますが、そのなかの一つに「ライバルの不在」というのも言われています。

今から30年ほど前まで、アメリカの敵はソ連でした。第二次世界大戦後から続く両国家の因縁は、“冷戦”と呼ばれ、主に軍事・ロケット開発の分野で熾烈な競争を展開。
自然と両国民の中に疼きだした闘争心はスポーツの分野でも向けられ、オリンピックなどの国際大会ではメダルの数を競い合っていました。

現在ではこうした憎き好敵手が不在のアメリカとは反対に、日本では韓国という因縁浅からぬ隣国の存在があります。野球の分野で実力伯仲の関係にあり、2006年の第1回WBCにおいては3度も対戦しました。

イチローの何気ない一言、韓国国内で波紋を呼ぶ


日本と韓国の因縁は、今更、説明するまでもないでしょう。スポーツの試合でも互いが抱く強烈な敵対心は凄まじく、試合会場にはある種の殺気が漂っています。その雰囲気は、さながら民族闘争の趣も。

そんなセンシティブな日韓関係などどこ吹く風とばかりに、韓国に舌戦を仕掛けたのが、日本の至宝・イチローでした。

「(韓国、台湾などには)向こう30年、日本にはちょっと手を出せないなみたいな、そんな感じで勝ちたいなと思ってます」

第1回WBC開催直前の会見において、イチローはこのような意気込みを語りました。彼としては、第1次ラウンドで戦うアジアのライバルたちへ、軽い冗談交じりのジャブを放った程度の認識だったでしょう。

あわせて読みたい

  • 国民栄誉賞を2度辞退したイチロー、その裏に隠された「プロ意識」

    国民栄誉賞を2度辞退したイチロー、その裏に隠された「プロ意識」

  • 「いくら貰っていると思います?」イチローのお金に対する考え方が凄い!

    「いくら貰っていると思います?」イチローのお金に対する考え方が凄い!

  • イチローが矢沢永吉に語った"夢"とは

    イチローが矢沢永吉に語った"夢"とは

  • もしも20年前にWBCがあったら? 最強の「97年版侍ジャパン」を考える【プロ野球世紀末ブルース】

    もしも20年前にWBCがあったら? 最強の「97年版侍ジャパン」を考える【プロ野球世紀末ブルース】

  • 90s チョベリーの記事をもっと見る 2017年3月22日の90s チョベリー記事
    「イチローの「30年発言」から生まれた因縁……激闘だった第1回WBCの韓国戦」の みんなの反応 13
    • 匿名さん 通報

      千ョンが気千ガイというだけの話。

      25
    • 匿名さん 通報

      こういう韓国からんだ記事が出ると臆面もなく差別発言するコメントが必ず出てウンザリ。。

      12
    • 匿名さん 通報

      朝鮮ごときが日本から優勝を奪うなんて100万年早いわ!

      12
    • 匿名さん 通報

      そもそも一番初めにイチローが30年発言なんかして煽らなければ、韓国が国旗立てたりとかもしなかったってだけかよ。自業自得過ぎ。煽って煽り返されたら最低だ!とは一体(笑)

      6
    • 匿名さん 通報

      韓国に勝った後、イチローが「気持ちいーっすね」と言っていたのが印象。 だいたいあんなんで燃え上がる気質がイミフ

      5
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    90s チョベリーニュースアクセスランキング

    90s チョベリーランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    コラムの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    90s チョベリーとは?

    90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

    その他のオリジナルニュース