連続テレビ小説「べっぴんさん」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)第26週「エバーグリーン」第151回 4月1日(土)放送より。 
脚本:渡辺千穂 演出:安達もじり
「べっぴんさん」総括「ひよっこ」への期待を込めてみた
イラスト/小西りえこ

151話はこんな話


キアリス35周年記念パーティーの2次会が、いつの間にか拡張したのかと思うような広いレリビィで行なわれて、たくさんの関係者が集い、皆幸福に満たされていた。

紀夫(永山絢斗)いわく「実力やなくて魅力で」社長まで上り詰め、ついに退任する武ちゃん(中島広稀)にはカラオケセットが贈られ、栄輔(松下優也)には、戦後、彼がすみれ(芳根京子)たちに差し入れた小豆で炊いた赤飯のおにぎりをさくらが贈った。龍一(森永悠希)は20歳下の従業員と結婚を発表。中西(森優作)も社内結婚の末、子供をさずかっていた。
ただひとりだけ、潔とゆりの子供・正太が成人後、姿も話題もでてこないことだけが釈然としないまま、ほぼみんなハッピー。一時期、ゆりがひとり家で暗い顔をしていたので、息子と縁切ったか死別したか、何か複雑な事情があるのではないかと邪推してしまう。

すみれたちは、藍(渡邉このみ)に頼まれ、ご学友の21人全員分の写真入れを手作りすることに。藍は老人たちに生きがいをつくったつもりなのかもしれないが、想いを伝えるものづくりが坂東家の信条なのだから、そこは自分でつくるべきではないかとこれまた釈然としないまま、すみれたちはついでに4人おそろいの写真入れを贈り合う。

この記事の画像

「「べっぴんさん」総括「ひよっこ」への期待を込めてみた」の画像1 「「べっぴんさん」総括「ひよっこ」への期待を込めてみた」の画像2 「「べっぴんさん」総括「ひよっこ」への期待を込めてみた」の画像3