smadan

不倫の男女格差論 ~なぜベッキーは叩かれて渡辺謙は叩かれないのか?~【勝部元気のウェブ時評】

昨年から不倫スクープを連発している週刊文春が、今度は俳優・渡辺謙氏の不倫を報じています。大物俳優の不倫を文春がすっぱ抜いたということで、世間は大いに盛り上がるかと思えば、さほど盛り上がっていない様子です。

昨年ベッキー氏の不倫騒動が起こった際には、ワイドショーも大々的に取り上げて、CM降板が相次ぎ、ネットでもかなり長く話題として盛り上がったのは記憶に新しいと思いますが、それに比べると明らかに注目されていません。

なぜベッキー氏は騒がれて、渡辺謙氏はさほど騒がれないのでしょうか? それには大きく分けて以下の4つの理由があると私は考えています。

(1)不倫ネタが飽きられた
(2)所属事務所とメディアのパワーバランス
(3)ベッキー氏は期待値との落差が激しかったから
(4)渡辺謙氏が男だから
(5)さらに男社会の階層において上位にあるイメージだから

(1)~(3)は似たようなことを述べている人もいるかと思うので、今回は主に(4)の不倫に対する男女格差と、(5)男社会の序列意識について触れたいと思います。


「男は浮気するもの」という男たちによる弁明


不倫の男女格差論 ~なぜベッキーは叩かれて渡辺謙は叩かれないのか?~【勝部元気のウェブ時評】

よく勘違いをされるのですが、私は「不倫は倫理的に良くないことだから」という理由で、知人ではない人たちの不倫を咎めるつもりは特にありません。あくまで、そこに男女不平等とジェンダー格差があり、大半の場合、女性が不利益を被るという社会的な構造や文化が問題だと思っています。

「不倫の男女格差」は様々な点がありますが、日本の社会は依然男社会であり、男性の不倫に対してのみ寛容な姿勢を示す人や擁護する人が少なくないというのもその一つです。

たとえば、2017年4月9日(日)放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)では、リップスライムのSU氏の不倫報道に関して、松本人志氏、東野幸治氏、武田鉄矢氏等が、「男の人はそういうもんだな」「分かっちゃいるけど」「やめられないね」「21歳の女性から『会いたいよー』とか『寂しいよー』とか来たらね」という見解を述べていました。

また、武田氏は、「男ってやつは、女性から受けた傷は女性でしか埋まらないんですよ」「青春時代に俺は女にもてないと落ち込んだ人はどこかでそれを倍くらい取り返さないとバランスが取れないってところがあるんですよ」と力説します。

それに加えて、「お二人(渡辺謙氏とリップスライムのSU氏)とも男性として素敵ですよね。あの素敵さはどっから来るかと言うと、やっぱり女性から来ていますよね。誰か女性がいて、奥さん以外の女性がいて、『素敵よ』って言わないと、あれは出てきません。かあちゃんからだけ『素敵よ』と言われている男と、母ちゃん以外の女性からも『素敵よ』と言われている男は匂いが違う」とも述べていました。


「男性不倫免罪論」の論理的欠陥


これらの不倫擁護発言を聞いて、「いったい何歳まで非モテコンプレックスや被害妄想を引きずっているのだろうか…」と、ある意味恐怖を感じてしまう一方、今回注目すべきポイントは彼らの主張における不倫の主体が、全て男性に限定されていることです。彼等は決して不倫を肯定的に捉えた発言をしているわけではなく、あくまで男性の不倫を肯定的に捉えた発言をしています。

もし私がこのような場にいれば、男女を入れ替えて、「奥さんも21歳の男性から『会いたいよー』とか『寂しいよー』とか来たら、分かっちゃいるけどやめられないでしょうね!」「父ちゃん以外の男性からも『素敵だ』と言われている女も匂いが違いますよね!」「不倫肯定派ですか!じゃあ是非奥さんを紹介してくださいよ~」と皮肉たっぷりに返したいと思っているのですが、残念ながら彼らの身勝手な男女のダブルスタンダードを指摘してくれる人は、現在のメディアの中にはいません。

「女遊びは芸の肥やし」「浮気は男の甲斐性」という表現もあるように、メディアや世論における「男性不倫免罪論」はいまだに根強く残っているのが現状でしょう。もし不倫を肯定するのであれば、いかなる性の不倫も肯定すれば良いのにもかかわらず、わざわざ主語を男性に限定して、男性の免罪を強調していることが、女性差別に該当します。自己の不倫を肯定するのであれば、妻の不倫も堂々と容認しなければフェアではありません。

「男のほうが生物学的に不倫をするものだ!」という反論が聞こえてきそうですが、12世紀のフランスで恋愛が人類史上始めて誕生した時、それは既婚の貴婦人と独身の騎士による不倫の恋でした。つまり、当時の不倫は女性がするものだったわけです。このように、文化によっては女性の不倫も成立するわけですから、男性にのみ不倫の正当化を図る主張は論理的に誤りと言えるでしょう。

あわせて読みたい

スマダンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スマダンニュースアクセスランキング

スマダンランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

勝部元気のウェブ時評

勝部元気のウェブ時評

コラムニスト・勝部元気さんの連載記事です。

2017年4月13日のスマダン記事

キーワード一覧

スマダンとは?

ミレニアル世代の男性がスマートに生きるための情報を発信します。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。