review

「ひよっこ」自主聖火リレー は実話だった。茨城、旧里美村のランナーに聞いた

連続テレビ小説「ひよっこ」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)第3週「明日に向かって走れ!」
脚本:岡田惠和 演出:黒崎博  

連続テレビ小説「ひよっこ」は、1964年東京オリンピックの開催された年からはじまる。架空の村・奥茨城村に生まれ育った女の子・谷田部みね子(有村架純)が東京に出稼ぎに行き、そこで様々なことを体験していく物語だ。
最初の1、2週は奥茨城村での生活がていねいに描かれていた。稲刈りや藁綯い、家庭料理・・・。あったかく礼儀正しい家族関係などがほっこりする。
そんな中で、みね子の同級生・三男(泉澤祐希)は、日本全国を通る、東京オリンピックの聖火リレーのコースが奥茨城村を通らないことを残念に思い、自主聖火リレーを企画し、実行に移す。
この奇抜なアイデアには驚いたが、奥茨城村のモデルのひとつである茨城県北部の旧里美村で実際に行われたことだったと知り、ますます驚いた。

「NHKドラマ・ガイド 連続テレビ小説 ひよっこ」に掲載された制作統括・菓子浩さんのメッセージのところには、東京オリンピックから始まる物語を考えているとき、自主聖火リレーの写真を見て「茨城、おもしろいぞ!」と確信したと書いてある。まったく事実は小説より奇なりだ。

それだけ人の心を動かした自主聖火リレーとはどんなものだったのか知りたいが、里美村は今はもう存在しない。平成16年にほかのいくつかの地域と合併して現在は常陸太田市になっているため、その常陸太田市市役所に問い合わせてみると、当時、〈聖火リレー駅伝大会〉(正式にはこういう名目だった)を走った当事者・荷見誠さんを紹介してくれた。

この記事の画像

「「ひよっこ」自主聖火リレー は実話だった。茨城、旧里美村のランナーに聞いた」の画像1 「「ひよっこ」自主聖火リレー は実話だった。茨城、旧里美村のランナーに聞いた」の画像2 「「ひよっこ」自主聖火リレー は実話だった。茨城、旧里美村のランナーに聞いた」の画像3
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「ひよっこ」に関する記事

「ひよっこ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ひよっこ」の記事

次に読みたい「ひよっこ」の記事をもっと見る

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る

朝ドラ「ひよっこ」

朝ドラ「ひよっこ」

家族のために懸命に生きる主人公と個性豊かな登場人物たち、そして笑いと涙のハートウォーミングなストーリーで 最高視聴率22.2%を記録したNHK連続テレビ小説。ヒロインのみね子を有村架純が演じた。2017年4月3日〜9月30日放送。

お買いものリンク