smadan

問屋さん教えて!無理を言う人への断り方

問屋さん教えて!無理を言う人への断り方


「ノー」と言える人ですか?
無理なお願いをされたとき、断わるも断らないも頼まれた側の自由。しかし「今後の人間関係に響きそう」、「私も無理だけど、頼んできたあの人も困っているのだし…」と悩んだりで断り方がわからなければ選択肢はひとつ。自分にとって無理でも「やる」しかなくなってしまうので、「断り方」は身につけておきたいです。

問屋さん教えて!無理を言う人への断り方


お店を経営している方や、お店を任されている立場の方々が仕入れに来る問屋。「そうは問屋が卸さない」ということわざからして、問屋って「商業ヒエラルキー」の上位にいる気がしていたのですが、そこで働いている知人の話を聞くと、お客さん達がけっこう無理を言う方もいることを知りました。今回は、勤続約20年の女性ベテラン問屋さんに教えてもらいます。
「無理を言う人への断り方を教えてください!」

「丁寧」が大前提


まず大前提として、丁寧に受け答えすることを意識しています。理由も、納得してもらうためにはきちんと説明しないといけません。

丁寧な言葉と、あと丁寧な理由や説明も加えて断れば、「ちゃんと考えて断っている」という気持ちが伝わり、後腐れなくやり取りを終えられそうです。
ここからは実例を元に、断り方のコツを教えてもらいました。


「そんな数では値引きなんか出来ないんだよ!」価値観の違いから「嘘」をつく


問屋さん教えて!無理を言う人への断り方


問屋として働く中で無理を言われる事の多くは、
「たくさん買うからまけてほしい」
「返品を受け付けて欲しい」
この2点がほとんどです。


問屋さん教えて!無理を言う人への断り方


本当にたくさん買っていただけるのなら割引も致しますが、お客様の「たくさん」と、問屋の「たくさん」が合致しない場合が多く、お断りしなければならない場面は多々あります。
「ねえ、この靴下50足買うから少し安くならない?」
低単価品で、日に2~300は売れている靴下は、その数では安くできません。
「誠に恐れ入りますが、利益率の低い商品ですので値引きは致しておりません、申し訳ありません」
「そんな数では値引きなんか出来ないんだよ!」というのが本音ですが、「値引きの出来ない商品」ということにしてお断りします。



「たくさん」に対する価値観の違い。それを正直に言うと、ちょっと話がややこしくなりそうですね。相手を不快にさせないため、嘘も方便なのでしょう。
日常生活で言うと、相手が「それだけのことで断るの?」と思うかもしれないことは、予防線を張って、誰もが「それなら仕方ない」と思うような内容に変えた方が無難なことも…。

あわせて読みたい

スマダンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スマダンニュースアクセスランキング

スマダンランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年5月1日のスマダン記事

キーワード一覧

スマダンとは?

ミレニアル世代の男性がスマートに生きるための情報を発信します。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。