bit

ケーキのようなサンドイッチ「ケーキイッチ」が美しすぎる!

ケーキのようなサンドイッチ「ケーキイッチ」が美しすぎる!

「ケーキのように美しくデコレーションしたサンドイッチ」=「ケーキイッチ」って知ってます?

パッと見はケーキだが、中身はさまざまな具を挟んだサンドイッチで、外側のデコレーションはポテトクリームやチーズクリーム。 サンドイッチ=つくるのも食べるのも簡単な食べ物の代表格のように思っていたが、少し手をかけるだけでこんな特別感のあるメニューに変身するとはビックリですよね。 SNS映えもしそうだし、特別な材料を買いそろえることなく気軽にトライできるので、これは流行るかも!

「ケーキイッチ」を提案しているのは、2015年6月に設立された「日本サンドイッチ協会」。昨年10月には、パルコ出版より「北欧生まれのおもてなしサンドイッチ ケーキイッチ」なる初めての書籍も発売された。

表紙のケーキイッチは、「ハム&チーズ ケーキイッチ」。 生ハムでつくられたバラが、ため息が出るほどの美しさ……。ホワイトボンレスハムとゴーダチーズのシンプルなサンドイッチを、チーズクリームでデコレーションしている。見た目だけでなく味にも繊細なこだわりがいき届き、このレシピでは少しぴりっとするマスタードスプレッドが全体のまとめ役となっている。

「北欧生まれのおもてなしサンドイッチ」とあるが、そもそも、本場ではどのようなシーンで出されるものなのだろう? 書籍で紹介されているケーキイッチのなかで特に印象的なものをピックアップしつつ、同協会の日野西友子さんにお話をうかがってみた。


北欧では日本の“ちらし寿司”のような存在


「スモーガストルタは、日本でいえば“ちらし寿司”のようなお料理というとわかりやすいと思います。レストランなどで食べるものではなく、あくまでも家庭でつくる、少しだけ特別なメニューという位置付けですね。親戚や友人が自宅で集まるときや記念日などに、食卓を少し華やかにしたいときに手づくりするといった感じでしょうか」
ケーキのようなサンドイッチ「ケーキイッチ」が美しすぎる!

こちらは、本場のスモーガストルタにいちばん近いという「シュリンプ&ツナ&エッグ ケーキイッチ」。小エビをふんだんに使っていたり、ディルというハーブを効かせているところなどが、なるほど北欧っぽい。

なお、「日本サンドイッチ協会」はフードスタイリストで会長のmemiさんが中心となって設立した組織。memiさんと設立メンバーはサンドイッチの本場、英国で暮らした経験があり、シンプルながら奥深いサンドイッチの魅力を伝えたいと、協会の設立に至ったという。

「スモーガストルタについては、英国在住時、近所に住む友人が手づくりのものを持ってきてくれたことがきっかけで知りました。今後も協会としては各国のいろいろなサンドイッチをご紹介していきたいと思っているのですが、スモーガストルタはこれまで日本になかったスタイルということもあり、皆さんに興味を持っていただけるのではないかと。ただ、北欧がルーツではあるものの、日本人の味覚に合うよう私たちが工夫やアレンジを加えたものが『ケーキイッチ』になります」(「ケーキイッチ」という名称は同協会が考案したもので、すでに商標登録済)。

あわせて読みたい

  • キムチサンドを出す鶴橋の喫茶店

    キムチサンドを出す鶴橋の喫茶店

  • 知られざる姫路土産"おでんケーキ"

    知られざる姫路土産"おでんケーキ"

  • 関西の卵サンドはなぜオムレツ?

    関西の卵サンドはなぜオムレツ?

  • 見た目がメロンなパンケーキ

    見た目がメロンなパンケーキ

  • コネタの記事をもっと見る 2017年5月22日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース