review

あの頃の上戸彩が好きだったひとも「昼顔」を観てほしい。「金八先生」「あずみ」から何も変ってなかった

       
「いい、いい、いい、すごいいい」
これは、2014年に放送されたテレビドラマ「昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜」第5話の主人公・紗和(上戸彩)の台詞ですが(エッチな台詞かと思わせて、そうじゃないことは、ドラマをごらんになった方はご存知ですね)、あれから3年の時を経て、映画化された「昼顔」も 「いい、いい、いい、すごいいい」でした。(ドラマ「昼顔」全話レビュー
あの頃の上戸彩が好きだったひとも「昼顔」を観てほしい。「金八先生」「あずみ」から何も変ってなかった
公開中の映画版ノベライズ『昼顔』扶桑社

ドラマラストから3年


映画について書く前に、少しだけドラマ版を振り返っておきましょう。

人妻・紗和は、夫(鈴木浩介)に女性として扱ってもらえなくなっていたところ、生物の先生・北野(斎藤工)と出会い、ひかれ合います。でも、北野も紗和と同じく結婚している身でした。いけないとわかっていながらいっそう引き合っていくふたり。やがて、夫や北野の妻・乃里子(伊藤歩)にバレて泥沼化、結局、ふたりは別れます。

映画は、それから3年。何もかも失った紗和が、ひっそり、海のそばで暮らしていたところ、偶然、北野と再会。焼けぼっくいに火がつき、会うようになります。
ところが、それが乃里子にバレてしまい・・・。

北野とのドキドキの再会。法律上、2度と会ってはいけないことになっているにもかかわらず、わくわくの密会からの、またしても周囲を巻き込むハラハラな展開……と観客の心を掴んで離しません。
 
井上由美子の脚本はドラマと同じく、モチーフを巧みに使いながら、シンプルなストーリー(男女の道ならぬ恋の顛末)を豊かに彩ります。監督の西谷弘は、ドラマ以上に美しい詩情あふれる画を撮っています。夏の海と森というロケーションが利いていて、そこで過ごす愛し合うふたりの姿は実に眼福です。とりわけ森でホタル探しするところと、海岸沿いを自転車2人乗りするところが、多幸感に満ちています。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「昼顔 + 映画」のおすすめ記事

「昼顔 + 映画」のおすすめ記事をもっと見る

「昼顔 + ドラマ」のおすすめ記事

「昼顔 + ドラマ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「あまちゃん」のニュース

次に読みたい関連記事「あまちゃん」のニュースをもっと見る

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

昼顔~平日午後3時の恋人たち

昼顔~平日午後3時の恋人たち

上戸彩と吉瀬美智子が演じるふたりの主婦を中心に、夫でない男性との恋を描くドラマ。吉瀬美智子演じるセレブ妻が、若い男と恋愛しているところを目撃してしまった上戸彩演じる平凡な主婦が、セレブ妻の火遊びに巻き込まれていく……

2017年6月12日のレビュー記事

キーワード一覧

  1. 昼顔 ドラマ
  2. 昼顔 映画

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。