smadan

美術館ナンパに走る老害と、彼らがセクハラしかできない理由

       
美術館ナンパに走る老害と、彼らがセクハラしかできない理由
『GG』創刊号表紙のイメージ画像


6月24日に創刊するシニア向けライフスタイル雑誌『GG』、その編集長・岸田一郎氏がNEWSポストセブンのインタビューで語った女性へのナンパ手法が、あまりに気持ち悪いとインターネット上で炎上しました。

『GG』は「まだまだ女性にモテたい」「枯れたくない男性」向けの雑誌というコンセプトのようで、創刊号では美術館で女性に声をかけるナンパ手法を提唱。以下のような指南をしています。

熱心に鑑賞している女性がいたら、さりげなく「この画家は長い不遇時代があったんですよ」などと、ガイドのように次々と知識を披露する。「アートジジ」になりきれば、自然と会話が生まれます。美術館には“おじさん”好きな知的女子や不思議ちゃん系女子が訪れていることが多いので、特に狙い目です。
「ちょいワルジジ」になるには美術館へ行き、牛肉の部位知れ  NEWSポストセブン

牛肉の部位を覚えておくのもかなり効果的。たとえば一緒に焼き肉を食べに行ったとき「ミスジってどこ?」と聞かれたら、「キミだったらこの辺かな」と肩の後ろあたりをツンツン。「イチボは?」と聞かれたらしめたもの。お尻をツンツンできますから(笑い)
「ちょいワルジジ」になるには美術館へ行き、牛肉の部位知れ  NEWSポストセブン



美術館ナンパがダサイ&キモイ理由


突っ込みどころ満載で、当然ネットでは女性からも男性からも様々な批判が上がっていました。主なポイントのまとめると以下の通りです。

・美術鑑賞の邪魔をするな
・警備員が注意に入るレベルの迷惑行為
・マンスプレイニング(求めてもいない上から目線の説明)だ
・食事中のセクハラを推奨するな
・相手が詳しくないと決めつけて知識をひけらかす高齢男性が若い女性にどれほど嫌われているかなぜ分からないのだ
・若い女性のみをターゲットにするのは優越感に浸りたいからで、人としての小ささが見えてダサい
・老害ここに極まれり


どれもその通りですね。必ずしも美術館とは限りませんが、このようなナンパ行為をする高齢男性と、それによって嫌な思いをしている若い女性が実際にたくさんいます。人権侵害行為を助長するような今回の記事に批判が殺到したのも当然と言えるでしょう。

『GG』が想定している読者は「枯れたくない年配男性」とのことですが、こんなことを本気で真似しているようでは、「枯れ」よりも、未成年時代から何も変わっていないほどの己の「尻の青さ」を気にしたほうが良いのではないかと思ってしまいます。

あわせて読みたい

スマダンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュース

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

勝部元気のウェブ時評

勝部元気のウェブ時評

コラムニスト・勝部元気さんの連載記事です。

2017年6月15日のスマダン記事

キーワード一覧

スマダンとは?

ミレニアル世代の男性がスマートに生きるための情報を発信します。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。